忘れたでは済まないぞ!





貴女の車エンジンオイル忘れてませんか?

忘れたら高額な修理代が消えます!

あなたの車「愛車」のエンジンオイルは大丈夫ですか?

最近はエンジンオイルの性能もよくなってきました!
エンジンオイルがよくなってきたと自分が感ずるのは
今では当たり前になっていますが・?

最近のエンジンオイルになる前のエンジンオイルには
夏用と冬用がありました。

ということは? 人が夏になれば夏用の服装にす
るし、冬になれば冬用の服装に変えるし自分で
変えることができるのですが  ・・?

自動車のエンジンはそのようなことが出来ない・?
それは当然のことですが、夏用のオイルを冬にな
るまで其の侭にしておくと ・?エンジンが不調に
なるのは当然です・・! 冬着を夏にきるのか ?

また、逆のことも起きます、冬用のエンジンオイル
を真夏のカンカン照りになってもそのままにしてい
たら必ず自動車のエンジンが不調になります。

自動車のエンジンオイルの使い方、管理の仕方
は、これは即、自動車の燃費にも影響しますし、
走行距離にも影響するのす。

自分は体験しているのでこんなことを書いている
のです。

なんのことはないエンジンの回転がうまくいかなく
なるのです。

そのわけは、季節の変動でエンジンオイルは粘
度を増したり、粘度がなくなったりすりのです

エンジンオイルそれ自体が、気候の変更で粘度
も変わっているのです。

そこで、最近は ?最近といってもかなり前から
ですが・・ 夏冬兼用のエンジンオイルが出てき
たのです。

夏冬兼用のエンジンオイルがでてきたので、今は
走行距離を目印にしてエンジンオイルを交換
していますが・・?

ここに大きな落とし穴があるのです。

最近のドライバ-は、エンジンオイルは入ってい
ればそれでいい・・? とでも言っているような、
いないのかもしれませんが・・?

同じ自動車の取り扱いでも、スノ-タイヤほどき
にしていないと思うのです、冬だから・・?
スノ-タイヤとは思うのですが・?

冬だから冬用のエンジンオイル・・? など考えて
いないことです。

そこで・・? 落とし穴に落ちてしまうのです。

エンジンオイルにも、食べ物でいう「賞味期限」
なるものが・・? あるのです。

それは、「使用期限」 「使用限度」 のことです
、ここまでの走行距離間になったらエンジンオイル
を交換しましょうと自動車の使用説明書には書
いてありますが・・?

必ずここでエンジンオイルは交換しますとは書か
れていません!

あなたの自動車は何年何月の使いはじめですか
ら‥?今から半年後の・・? 何年何月が今

度のエンジンオイルの交換時期です?

おおよその考えかた!を言っている「書かれてあ
ります」 が必ず!とは・?書いていないのです

そこで、走行距離を目印にするのか‥?
「使用期限」に重点をおくのかと ?
あやふやなことになってくる

ここで自動車のオイルから一度離れて別の角度
で考えてみたい?「すり減る」

擦り減ったところはそのままです!

動物は失った物、部分は同じように、もとにはも
どりませんが ・?

キズであれば組織の盛り上がりで、なんとなくもと
にもどってくれます。

とんでもない例え話ですが木材をカンナでけずっ
た部分をもとに戻すことなどありえませんがこの
例えはどんなに頑張ってもカンナをかける前によ
うにはならないし戻すことが出来なと言うたとえ
です。

例え話を、自動車のエンジンオイル元にもどして
も一度考えてみますと自動車のエンジンの内部
は、鉄です、鉄でできていますから、すりへった部
分はそのままで時間が過ぎてくればオイル不良で
すり減った部分でも元に戻る?

そんなことはあり得ません後で値段の高いエンジ
ンオイルをいれたら大丈夫・? もとに戻る!
そんなこともあり得ません!

自動車は自分には高価な買い物、乗り物ので
す、エンジンのオイル管理が悪くてエンジンが不
調になったので、別の自動車を買えば不便は解
消すのでしょうが自分にはとても出来る相談では
在りません。

自動車のなかでも一番高い装置は「エンジン」
ですし修理も大変です、修理代も高額です。

修理時間も多くかかります、 そんなことにならな
いためにも自分は早めのオイル交換をしているの
です。

自動車の説明書にはエンジンオイルは走行距
離のことは書いてありますが、経過期間のことは
あまり詳しく書いていないようにおもうのです。

経年劣化「賞味期限」

エンジンオイルの劣化は・・?自動車の走行距
離だけではなく使ったときからの経過期間も大
切なのです。

自分の車は一年間の走行距離が3千キロだか
らまだエンジンオイルを交換する走行距離では
ない・・?

この考えがダメなのです「使用期限」「使用限
度」なのです。

おわりに
ある国の事がテレビで放映されましたその内容
映像はビックリです。
高速道路で走行中に自動車が突然燃えだしたのです

原因は、エンジンオイルの点検不備だったと解説さ
れていましたが・・?

対岸の火事ではありません・!
連休の前にはエンジンオイルは点検が必要です。

いくら全期間使用タイプのオイルでも1シ-ズン
を経過したのであれば「使用限度」と考えた方が
自動車の故障と修理代を考えるとそのままでは?

自動車の心臓のことです! ダメになるまえに自
分の車のエンジンオイルを大切にです。

自動車保険「限定」は要注意です!

自動車任意保険の注意点!

一家に一台は当たり前の昨今ですが、この自動車はとんでもない

凶器でもあるのです、言われなくても分かっている話です。

走る凶器ですがこんなに便利な乗り物(自動車)でもありのです。

凶器でもあるのです、言われなくても分かっている話です。

走る凶器ですがこんなに便利な乗り物(自動車)でもあるのです。

 

人間の命は地球よりも重い!

地球より重い人間の命、自動車事故でこの世からおさらばするのか!

させられるのか、使い方を誤ればとんでもないことになってしまう

のです。

筆者がまだ若い頃、道路は砂利道で走る車は大きなトラックが砂煙を

上げて入っている時代ですが、それでも交通事故はあったのです。

その当時は自動車の任意保険などなかったし、運悪く交通事故にまき

こまれてしまえば? 自動車を持ってい人が負傷者の補償の為に家屋

敷を売り払い負傷者の補償金にしていたと言う話は当たり前にあった

事でした。

今ではそんな話は「浦島太郎」のお伽噺にもならない時代になった。

 

自動車事故の補償保険は・・?

今では自動車の保険は、強制賠責任保険と任意保険を付ける、入る

のが当たり前になりました。

人身事故・対物事故・障害補償 は当たり前になっているし最近の

テレビのコマ-シャルでは、交通事故の補償は全て無制限に補償し

ますと宣伝している保険会社も出てきました。

交通事故の補償はどうなるか時代になってきましたが・・・!

自動車保険の補償の恩恵は、タダではないのです? 保険会社が長

年補償の蓄積から素晴らしい保険内容になってきましたが・・・?

 

自動車保険に入るためのお金は!

「限定」は必要なのか・・?

限定 ➡ 運転者限定 ⇒ 他人も含めて3人を指定する。

   ➡ 家族限定 ⇒ 同居の親族と別居の未婚の子。

制限 ➡ 自動車を運転する人補償範囲の年齢を定める。

簡単な話 乗り慣れた自動車(自分の車)は、しょっちゅう使って練

れているから事故の頻度も少ないだろう・!、ですから、誰が乗って

事故になっても補償する保険料よりを安くしますと言う保険会社との

契約、自家用乗用車であれば、当然、自動車の取り扱いも丁寧になる

し誰が乗っても限定しないで、運悪く交通事故になっても補償する自動

車とは危険度が違うから保険料に差が出るのです。

相応しくない例えですけれども・業務の自動車と自家用車の運転はど

っちの事故頻度が多いかを考えたみれば理解できるでしょう。

そこで危険頻度の少ないと予想される自動車「愛車」の保険料をもっ

と安くするために 限定 制限 を付け保険料に差がでるようにした

のです。

最近は保険会社で割引の範囲はさまざまだそうですが、すこしでも安

くなるように本体に付ける制度なのだ。

こんな事故になった!

筆者の知り合いの別居の未婚の娘がたまたまの里帰り、運転免許証もと

っていたので、チヨットした用事で親の車を借りて運転していた・・?

こんな時に事故が起こる!

用事を済ませ帰宅するときに、相手自動車と接触事故を起こしてしまっ

たのです・?「夫婦」でない子供が事故!

保険会社で補償するための保険調査をしたところ、事故証明では

「夫婦」ではない運転の事故であったので補償対象ではない、今回の

事故の補償はできませんとなった、との話でした。

物の損害でお互いケガもなく損害額も少額なのでよかった・・・?

もし、人身事故「死亡」事故だっら・保険料の 7%~9% の割引額

を何故したのか悔やまれるところだったのです。

おわりに

知り合いの事故でも ヒャット する話ですが、自分の家庭で起こった

らどうしたかと思うと イザ の時の頼りの綱です、僅かの割引も大切

ですが、再度安心を買い、不安をなくすよう、自動車保険を再度見直し

たいものです。