ニヤンコの窓

経験談が主

透視ができる本物の霊能者がいた、偽物には無理なことです。

      2015/04/10

Sponsored Links

この事を知っているのは!義姉と自分だけです。

実母の永遠の旅立ちで二日ごに葬儀をすることで連絡の
必要な所には漏れのないように連絡をすませた。

連絡と同時に忙しくなるなは、葬儀の様々な準部でした。
それとなく準備もできあがり、近親者、親戚なども集まり始めた、

113845

葬儀の飾り壇もできがり一段落したころは
日も暮れ始めたが今度は夕食の準備で台所が大騒ぎとなっていた。



夕食もすぎて、一段落していたとき義姉が・?母のお棺
に何も入れていないよ ネッ、とソット自分に言うのです。

今頃になって何か思い出の品をいれようとすれば、

自宅で葬式をとり行うために、部屋いっぱいの飾り物を、
どかしてタンスをあけなければならない。

義姉は一番遠慮のいらない自分に、タンスを開けて母が生前
大事にしていた何かを入れるから手伝えといわけです。

別の部屋では親戚、縁者の方々の雑談か思い出かの話の
最中なので、今にうち、誰にも気づかれないようにお棺の
なかに入れたいのだと言うのです!

この家の嫁は・・?と

後日、何かにかにと言われるのがイヤダからと言うのです。

しかし、母の部屋のタンスの前はお棺、花などの飾り
物でビッシリとなってたいる。

自宅で葬儀を出すとなればどこでも同じ状況になるのだ
と思いますが、実家でも例外ではなかった?

お棺、飾り物をどかして、タンスをあけた・・?
義姉が、あれやこれや、探し出してきたその中の一つに、
小さいピンポン球ぐらいのごてんまり
があった、それは自分も母が作っているのを見ていたので知っていた。
それももいっしょにお棺にいれて部屋を元通りにした。

初七日.49日も過ぎて、なんとなく落ち着いたころ?
巫女さんにいって、亡き母の今を聞きたいと、実兄が言うのです?

images (14)

別居の自分はきき流したが、
自宅に帰ってから妻が自分に言うのです、

妹の知っている所の巫女さんが、なかなか
評判だと言っているからそこにいってみたい・と?

Sponsored Links



ヘ-エ・・! 後日、評判の巫女に義妹から連絡とってもらい
実家からは50㎞以上も離れている巫女「ミコ」さんの所に出かけた。

先客がいましたが、程なく終わり、いよいよ我らの番です。
人生初めての出来事、儀式のながれにまかせて、巫女さんの
お話を妻とふたりで待った。

 

お祈りを終えた巫女さんが、開口一番「嬉しくて、嬉しくて」
と、いっていますよ! それから続けて言うには・・・?
貴方の「自分」お母さん「浴衣」のような着物を重ねているが?

「葬り人」などいない頃の話しなので納棺の時「浴衣」に
白衣装をかねた姿にしたのです。

このことは妻も知っていたことで エッ まさか ピッタリ なのだ?

次の巫女さんの話にはさらに驚いた・? 自分と義姉しかしらないこと
を話し始めたのです、当然、脇にすわっている妻は知らない。

070063s

巫女さん曰く・! 何か小さい手まりのようなものを手で
ころがして、面白い、面白い、といっているよ!
ありがたい!ありがたい ともネッ! ・・・?
この巫女「ミコ」さんは、!?・・・! 知るはずもない
ことを ズバット当てている! 妻は? なんのことなの・?

いるんだ!「本物」の巫女「ミコ」さん。

家に帰り妻に「ミコ」さんの、先ほどの話と葬儀前の話をした
ことはいうまでもないことです。。

おわりに!

「当地では霊能者のことを、巫女(ミコ)さんと呼んでいます」

本物はいるのです!「ミコ」さん、この地方では故人の
今を聞くたためにお彼岸お盆まえなどに良く出むくきます。

有名なところでは「青森県、恐山の(いたこ)ミコ」を思い出します。

Sponsored Links

 - 身近な不思議?

  関連記事

稲荷神社の祭り初午祭

Sponsored Links 稲荷神社の祭り初午祭 お稲荷様の総本社寺は京都の …

やっぱり「巫女」はあの世が見えている!

Sponsored Links 「巫女」と名乗っている方は今も多くおられるのでし …

no image
2016年の使いやすい「B-6の手帳はこれ」!

Sponsored Links 毎年購入している手帳?2014年の12月に自分の …

迷いネコの本当の住み家はどこだ!

Sponsored Links 今は、結婚をしてほかにいる娘の笑えるのか?悲しい …

彼岸までの道のり、小寒、大寒、余寒、我慢

Sponsored Links 彼岸までの道のり! 一年でもっとも寒い季節 暑さ …

地球の温暖化?去年の大寒はこうだった!

Sponsored Links Sponsored Links

私のヘミシンク体験はこうでした!

Sponsored Links ヘミシンクを体験しました。 ヘミシンクを始めたの …

ブルゾンとジヤンパ-の違い?

Sponsored Links デザインだけでみに付けている上着も! 今までなに …

死者に語るチベット密教とは

Sponsored Links この写真はラダック新年の悪魔払い ”ラマソギ” …

2017年1月にくる「節季」大寒とは!

Sponsored Links 晴れました! 約2週間ぶりに清々しいスッキリとし …