ニヤンコの窓

経験談が主

医学教授の書いた「その瞬間」の本!

      2015/04/10

Sponsored Links

題にも記載してますが「その瞬間」この本の読後感想です!

作者の思いは伝えられるのか不安ですが解説本ではなく、
感想文なので思ったままをつずってみました。

img016

「死の瞬間」 ー 立ち上がる癒しのメカニズム ー 
作者は、毛利孝一氏 名古屋内科医会 会長  名古屋大学客員教授
等を歴任された医師で名古屋市内に内科医を開業された方だそうです。

Sponsored Links


今、感想文を書いてる自分は、古希を3年も前に通過した老輩者です。

還暦を迎える数年まえ頃から死とは何なのかと?

「死の瞬間」そのことに対する自分の思いが強くなってくるのを抑えられないのです。
黄泉の国! 極楽!? あの世! などなど考えたくはありませんが!

どうしても自分の置かれている環境もそのような方向に向かう機会が
多くなるものですから、考えも思いも「死の瞬間」になってしまうのです。

葬儀のことではなくその儀式の当事者になる前はどうなんだろうか?
脳卒中、心筋梗塞、などに罹患するその瞬間の自分はどうなのだろうか?

医学専門の高等知識ではなくその医学に看取ってもらうであろう
自分の最期の瞬間の状況を知りたいのです。

最近出始めた新聞のお悔み欄出ていた方々はどんなどんなふうにその瞬間と向き会うのだろうか?

” 年寄りをばかにするなよその道はやがて行く道通る道 ” 

若年のころは、今の「老輩」自分を考えるのは到底むりだったし見ている世界も、
考えも今とは全く違っていたのは当然のことでしたし勢いもあったわけですから、
この世と自分が必ず行くあの世のことなど、考えることもなったのです。

この世をでる自分の余命は?

何歳まで生きればそれでいいと言う齢を教えてくれる人もおりませんし !?
死!は不安で不安で!自分にはその重圧には耐えられません? と言って

別の道に逃れる事を願いたいのですが、別の道に逃れた人を見たことも
聞いたこともないのがこの世だからなのでしょか?

あの齢までですよ!とわかるのであれば・・・?
自分だけではなくすべての人が聞きたいのは本音なのではないのでしょうか?

Sponsored Links



 

いやだ!考えたくもないからといつまでも避けてばかりでは通用する話ではない。
だったらその時になって心配するより必ず来るその道を今から知っていた方が
いいだろうし自分の気持ちの整理もつくのではないのだろうかと思ったのです。

 

そんな時に買ったのがこの本「死の瞬間」です。

読書後に自分の気持ちに残った作者の文面をそのまま記載いたします。

本の内容は!  あのまま死ねたら  - 生と死の境 ー
私の体験から「あのまま死んでいたら死ぬということは楽なことではないか」

それは、「脳卒中にかかって眠りから覚めた時の実感です」・・・・

 和歌のようなものを書きつけましたお笑い草に披露しますと、
「生き死にの堺にありてかくばかりなごむ心をわれといかぶる」

以来、私は「死ぬとということはそんなに怖いことではないみたいだ、
・・・内心ある一つの納得をしたような気持ちができました。

以上の文面はこの本のごくごく一部分で自分の気持ちの納得するところです。

 

あのまま死んでいたらとは!どう云う事なのだろうか?

あのまま死んでいたら?、心筋梗塞になった時もおなじようだった、とも書いてあります。
痛くもなく、苦しくもなく、静かで、安らかで、ときどきすうっと消えていきそうに意識がなくなる・・。

不安がなく、心は嘘のように静かでした・・・・。
その瞬間はそうなのですと書かれているのです。

最後に!

この本の緒者を、民間放送のテレビで医療相談をされてい方だと思うのが
自分の錯覚だとすれば! ここの部分はカットしてください。

2009年3月10日  第一刷発行
2010年2月7日  第2刷発行

(本書は1985年10月『生と死の堺』として、東京書籍から発刊されたものを改題・
再編集したものです。) と本の最終ペ-ジ189P に記載されておりました。

img016

 

 

 

 

 

 

自分の不安、願い、はこれで叶うのかと思う本でした。

Sponsored Links

 - あちらの扉を開ける!

  関連記事

先祖供養の [お盆] [盂蘭盆」とは?

Sponsored Links お盆とは「ウィキペデア」には以下ように書いてある …

終活を考える読後感想!

Sponsored Links 昭和54年12月21日に出版されている「愛は憎し …

2017秋彼岸入りは・・?

Sponsored Links 平成29年の 秋彼岸は 「9月20日」が秋彼岸に …

食品でバイトポイント交換はモニタ-で!

Sponsored Links PCを近い始めればスマホもおなじなのだと思います …

あの世のことを書いた本!

Sponsored Links 避けることができない「そのとき」 かんがえてもど …

やっぱり「巫女」はあの世が見えている!

Sponsored Links 「巫女」と名乗っている方は今も多くおられるのでし …