ニヤンコの窓

経験談が主

2016中秋の名月は?「平成28年9月15日」でした。

   

Sponsored Links

2016年9月15日は「中秋の名月」日になっていました。

昨年も写真を撮ろうと頑張ってみましたが・・? 月より団子..?でした。
今となっては、お月様が出ていたか…?? お腹に入っていたお酒が自分
の記憶を飛ばしたのか判然としません。

見え始めのお月様はこんな様子!

%e5%b1%b1%e3%81%ae%e7%ab%af


県発行の「家庭本歴」によれば「九月少」と記録されております。
また、別のところには「長月」とも書いてあります。



県発行の「家庭本歴」には 9月15日は木曜日「三碧」「仏滅」とのきろくで
なんのことやらうやむやになってしまいますが書いてあります。

「長月」9月は旧暦にすれば「8月15日」になっているようです。
「長月」 長月はお日様の沈む時間が早くなりその分夜の時間がながくなって
くるので「夜の長い月」 またべつの説明では「長い間雨がふる」長雨に月!
「長月」と言うようになったと説明されていました。

今年、平成28年は潤年なので、昨年までの日にちより一日おおくなり「名月」
は9月22日になった。

県発行の「家庭本歴」によれば9月15日の「名月」には「団子」「ススキ」を
お月さまに備えて祭るのですと書いてありました。

9月も15日ぐらいになればそろそろ農作業に時期に入るころで農繁期の準備
などで忙しくなる直前に時期よ思うのですが? 今はは機械化ですから・・?

最近の風趣は、「お月様に」団子だとか枝豆とか栗とかを備えて日頃の感謝な
どしないのでしょうし、その気持ちより「アメリカのお化け祭り」のほうが今
の人たちはピッタリするのでしょうか・・・?

Sponsored Links


なぜ9月15日を「名月」の日と言うのだろうか・・・!
img_0070


何故9月15日は「名月」と言うのか、いうようになったのか・・?
その答えは昔の暦は今暦よりもっと細かく季節の数え方をしていたのだそうで
す、そのなごりなのでしょう24節季と今でもいっているのです。

この季節の細分によれば、「八月」は秋の真ん中で「中秋」あるいは「仲秋」
となります。旧暦の暦月の日数は29日か30日のいずれかですから、15日は暦月
の真ん中の日と考えることが出来ます。
旧暦の八月十五日という日は秋の真ん中の月の真ん中の日、つまり秋全体の真ん
中の日と考えられますから、この日のことを「中秋」と言うことがあります。
旧暦は太陰暦の一種ですから日付は空の月の満ち欠けの具合によく対応します。
月の半ばである15日の夜の月は必ず満月か満月に近い丸い月が見えることから
「十五夜の月」 = 「満月」と考えられるようになりました。中秋の日(旧暦
八月十五日)の夜の月も当然満月かそれに近い月です。
中秋の日の夜に澄んだ秋空に昇るこの丸い月はやがて中秋の名月と呼ばれるよう
になり、これを観賞する風習が生まれました。

おわりに

どうして中秋の名月なのか・・?
春の名月はないのか?
夏にも名月があってもいいのでは?
冬は寒くてお月様どこりではないか?
「中秋の名月は」日没が早くなり空気も澄む
時期で山の端に出てくるでっかいお月さま
をみるこことが出来るからと自分は考えた。
秋以外のお月様「満月」は天空まで昇らな
いとはっきりみえないのです?
天空まで昇ったお月様は小さくなってしまう。
以上勝手な感想です。

Sponsored Links

 - しきたり

  関連記事

新しい「神札」は12月中に戴くのが正しい在り方です!

Sponsored Links 新年を迎える前に自分のお家の「お神札」は、新しい …

粗末にしない、古い「お神札」取り扱い方・納め方!

Sponsored Links 新年を迎える前にしておきたい、今までお守り戴いた …

28年秋彼岸の期間はこうです?

Sponsored Links  平成28年の彼岸の期間を暦で見ると! (201 …

正月の門松は幸運お祈る年神様への挨拶なのか・?

Sponsored Links めでたい「お正月」昨年の埃? 塵・汚れ?などのす …

平成29年「神宮大麻」の正しいまつりかた!

Sponsored Links 平成29年の【神宮大麻】が我々の管理しているお宮 …

「お雛様・お内裏さま」の呼び方は正しいのか!

Sponsored Links 3月3日は、新暦の 「雛飾り」・! ひな祭り」  …