ニヤンコの窓

経験談が主

やっぱり「巫女」はあの世が見えている!

      2017/09/19

Sponsored Links

「巫女」と名乗っている方は今も多くおられるのでしょが・?
本物の「巫女」は実際いるのであろうか・・・?

[本物の「巫女」さんはいるのです!] 

自分が出会った「巫女」さんが、自分に何を言ったか、「ビックリ」し
てしまい、その時の情景が今でもまざまざと思いだされるのです。

「実母」がこの世を去って 三年ほど過ぎたころに・・・!
あの世にいってしまった「母」今ははどうなんだろうか・・!
幸せとか不幸とかの、生身の人現象があの世でもあるのだろうか、今こ
の時点で「あの世」ではどうしているのだろうか・・・?

あの世の世界を見ることなどはは・? その辺の陽だまりでボンヤリリて
いる凡人には分かるはずもなく・! それでも何となく気になる「母親」
のこと!

お盆でも、お彼岸でも、欠かさずお墓参りはしているのですが特別の連絡
等が来たり、違うよなひらめきなどはなかったのです。

それとなく、変わった出来事が起こったわけではないのですが・・・・?
そんな、ニユ-ス「巫女」が欲しくていたのであろう、他人から見ていた
らあいつは「巫女」の話を欲しがっているぞとでも写っていたのだろうと
と思うよなタイミングで「巫女」話が飛び込んで来たのです。



霊的な「スピリチアル」の話では、実際の距離は関係がないと、だれもが
考える事なのですが、世の中どんな「霊媒師」いるのか疑わしい部分も距
離によっては考えられるので、物理的な「距離」はきになるのです。

 霊媒師が、依頼者の「事前調査」をしていた・・?

噂の域を出ないのですが・・? 事前調査をしてから「霊媒」「巫女」とし
て依頼者の相談を受ける・? 受けていた・? 話もあるので相手「巫女」
さんの、お金儲けを助けるために「実母」の霊・・?を呼び出したくはなか
ったし「あちら」のまともな話を聞いてみたいとも思っていました。

自分はその「巫女」の報道には「半信半疑」だったのです・?

しかし、大大的に全国放送をするとなれば、放送前の事前準備は相当のも
のでしょうし、当然そのの周辺では噂がでてもおかしくないでしょう。

一個人のたわごとです、報道と同じく考えるのも「考えもの」だ!

いくら「巫女」の商売・・?といっても実際の距離七十キロ以上もはなれた
話ことばも少し違っている場所の他人のことなど調べることな出来ないはず
だし、いつ来るかわからない、どこからくるかもわからない見知らぬ他人の
ことを調べる必要もないのだと思ったので、噂話で聞いていた「巫女」さん
のところに行って見ようと思ったのでした。

「巫女」さんと話をしてみて「ビックリ」!

カ-ナビもないころですから、何方かの歌 の歌詞のように、地図をたより
に方々で聞きながら「巫女」さんの家にたどりついたのです。

当然ですが、その日に、話を聞くのは無理かもしれない、「巫女」さんには
なんの事前の連絡もしていませんし、先客があるかもしれなし、今回は行く
だけで、後日に出直す気持ちで目的の「巫女」さん宅に入ったのです。

その日は「タイミング」のいい日だった!

先客が相談を終えて「巫女」さんに帰りの挨拶をするところだったのです。
また、いいことに自分たちいがいに「相談者」はいなくて予約もはいっては
いなと言うのです。



「巫女」に会い、何方の相談なのか・・・? 何の相談なのか…・・?
いつの「仏さま」なのかを聞かれたのですが・・! それ以外は何の話も無
く、祭壇に向かいお経をとなえ始めたのです・・・・!

Sponsored Links



お経をとなえている途中で・・・「ウン」「ウン」とか言って「仏」さまは・
・よ「巫女」さんが自分の方を向いて話始めたのです。

その時の「巫女」さんと自分のやりとりは・・!

「巫女」ハハ-「仏様」はお棺に入れられた時「白衣装」ではなかったようで
すが・・????

「自分」 ハイ その通りです。

「巫女」さん・・・でも少しは白い様にもみえるが ノー・・!

「自分」・ハイ 浴衣姿で病院で息お引き取った母はそのままの姿で「病院」
から自宅に戻ってきた事を・・「巫女」さんに話した。

「自分」・・・病院で消毒も済ませていたので、お棺に入れる時に浴衣はその
ままにしてそのうえに、「白衣装」を重ねたのですが!

「巫女」ハハ-なるほどそれでこんな姿にみえるのか・・!「ウン・ウン」
といって、また、お経を続けるのです。

少しの時間が過ぎたころ「巫女」さんが・・!お経を止めて「ウン・ウン」
といいながらこっちを向て「仏様」は何か小さい手毬のようなもので、笑い
がら、楽しい楽しいと言っているだが ・ ノー !

「自分」・・・ハイ それは、自分と兄嫁しか知らないことなのですが・・
「母」は御殿まりを作っていたのです ・・・ 入院前に「ピンポン」たま
ぐらいの御殿まりを二個つくったのが最後の手毬でしたが・・・!

 
「巫女」さん なるほどこれで分かった・・・・・?
「ウン・ウン」といいながらこっちを向いて「仏様」はこういっている・!
こっちはなんの心配もいらない ヨ! と言っているが ノー!

そこまで聞いた時に・・・「本者」がここにいるのだ、本物をみた ・・?
本当の「巫女」さんは・・・煌びやかでもなく、飾り立てているわけでもな
くそのへんにる、普通のおばさんだったのです。

一連の話を聞いて帰るときに「巫女」さんは、一日二人の相談を受けるだけ
で疲れて、疲れて、きょうはこれでおしまいだ ノー・・・!?

早々に「巫女」さん宅を後にして・・・・!

ふと我にかえって「本当に霊(仏様)を見ることがおの出来る「巫女」さん
はいるのだと考えさせられたのです。
おわりに
葬儀のときに棺に入れた「御殿まり」のことは、自分と兄嫁
としか知らないことなのですそれは「お通夜」で酒をのんで
いた時兄嫁が自分に、棺のなかに「御殿まり」をいれたいの
だが、タンスの中に入っているし棺をどかさないとタンスの
引きだしが引けなから、お棺をどかしたいので力をかせと言
われて、手伝ったので・・・
その時に御殿まりほかにも入れたのを昨日のように思いだし
ます。実兄、実の姉、たちだれも知らないのですそんな身内
も知らないことなので「巫女」さんは、聞いてもいないし見
てもいないのは当たり前なのです・・?

Sponsored Links

 - あちらの扉を開ける!, 身近な不思議?

  関連記事

2017秋彼岸入りは・・?

Sponsored Links 平成29年の 秋彼岸は 「9月20日」が秋彼岸に …

本物の超能力者、新聞で紹介!

Sponsored Links 2015年4月26日の「山形新聞」に掲載されてい …

2017年1月にくる「節季」大寒とは!

Sponsored Links 晴れました! 約2週間ぶりに清々しいスッキリとし …

死者に語るチベット密教とは

Sponsored Links この写真はラダック新年の悪魔払い ”ラマソギ” …

食品でバイトポイント交換はモニタ-で!

Sponsored Links PCを近い始めればスマホもおなじなのだと思います …

迷いネコの本当の住み家はどこだ!

Sponsored Links 今は、結婚をしてほかにいる娘の笑えるのか?悲しい …

私のヘミシンク体験はこうでした!

Sponsored Links ヘミシンクを体験しました。 ヘミシンクを始めたの …

稲荷神社の祭り初午祭

Sponsored Links 稲荷神社の祭り初午祭 お稲荷様の総本社寺は京都の …

あの世のことを書いた本!

Sponsored Links 避けることができない「そのとき」 かんがえてもど …

no image
古いお札は、お宮様の焼納際に持っていくのです。

Sponsored Links 古いお札は、お宮の焼納際に持っていくのです。 今 …