ニヤンコの窓

経験談が主

自動車保険・特約で見る弁護士等の関係!

   

Sponsored Links

自動車保険の「約款」を読む・! 今回は「特約」から自動車保険の中身を見て見ます。

「自動車保険」ご契約のしおりの冊子の中に書いてある「特約」から弁護士に関すること
がどのように書かれているのか「自分」と「保険会社」との約束「売買した商品」の中身
を、事故で裁判になる前の砦「弁護士」が交通事故の時にどのように保険に関係するのか
を読んでみました。

「ご契約のしおり」!

「自動車保険」は物体が・? あるわけでもないし、買った、「契約」をしたその日から
目に見えるものでもない、文章を・?その時は目に見えない「約束」を買っているのです
が・・? その中身までは・・?

そこで、今回は「49個」ある特別約款の中から「表題」にある「弁護士等」の事について
調べてみました。

同じ民間保険でも「生命保険」の約款は見たのでしょうけれども・? 記憶にないのです
生命保険の場合はそんなに頻繁に入ったり解約したりはしないので「保険会社」との約束
も忘れてしまいます。

一方、自動車保険の場合は特別のことがなければ「一年ごとに」契約の更新、見直し・?
があるのです! また、その都度に「契約のしおり」が送られてくるのでいつもは見ない
のですが・・! 今回は読んでみたのです。


自動車保険「普通保険約款」と別に定める「特別」約款があるのです。
なぜ、こんなことを書くのか・・!  例え方ががうまくありませんが・・! 建物に置
き換えるのも変な話ですが、「普通」と「特別」・・?「土台」と「上物」・?

自動車保険の普通保険約款では「賠償責任保険」「障害保険」「車両保険」「基本条項」
の四つのことが書いてあります。

普通保険約款の始まりはこんなふうな書きだしです。

ここで自分は頭がくらくらしてきますが、嫌わずによんでみました。

【用語の定義】
 普通保険約款および共通する用語の定義は、下表のとおりです。
ただし、別途定義がある場合はそれを優先します・・・・?
用語としては・・・! 全部で53用語がありました。

その、普通保険約款の項目には「弁護士」の事については書かれていないのです。
そこで「特別約款」49の中から、6番目の、「法律相談費用補償特約」と7番目にか
かれている「弁護士」の部分についてまとめてみました。

➏ 「法律相談費用補償特約」 の部分からみてみたのです。

その中身は 第一条 ~ 第10条 まであります。
第一条 ・・?
この「特約」は、この保険契約に適用されます。

ここに、特約は・・?「別途定義がある場合はそれを優先します」がでてくるのです。
なんでもかんでも・? 言い方が適切ではないのかも知れませんが、自動車保険の関係以外
のことまでもいいですよとは書かれていないのです。

第2条・・?
当会社は。被保険者・・? が対象事故によって被った被害について」保険金請求者からあ
らかじめ当会社の同意を得て法律相談を行う場合に法律相談費用を負担したことによって生
じた損害に対して、この特約の規定にしたがい、法律相談費用を支払います。

このことは・・? 疑問に思い「保険会社」に聞いてみました・? 「弁護士等」に相談?
交通事故で相談・・! ここに、 第一条 「この特約は」この保険契約に適用されます。
がでてくるのですが ・?

自分の自動車保険の「特別約款」に該当しないものはだめなのです。「あたりまえですが?」

それでは実際に「弁護士に相談するにはどうするのか・?

この規定に、該当する自動車事故で「法律相談費用補償特約」をお願いするのはどうするの
だろうか?

保険会社にきいたところによれば・・・!
保険契約をした自動車が交通事故にあった旨の報告を契約していている保険会社に報告をし
てもらはないと始まりません、ということでした。
相談の仕方はどうすのでしょうか・・?
弁護士事務所に「電話」? 「手紙」? 「出向く」? これはどちらでもいいのですが!
自分が加入している保険会社に「弁護士等」に相談したいことを報告し保険会社の許可を得
てから「弁護士等」に相談をするのだそうです。

それを守らないで、勝手に相談をした場合は「アウト」になるそうですし、「弁護士等」か
らも保険会社の了解がすんでいるのか・・? そのあたりは聞かれることでしょう!

保険会社に契約している「自動車保険」の事故の報告をして、保険会社の了解を得たとして
どこまで「弁護士等」に相談が出来るのか・・?

Sponsored Links


弁護士等への費用の中身は・・?

それは、「法律相談費用補償特約」第2条の(3)にこのように書いててあります。

(3) 当会社が支払うべき「法律相談費用保険金は、1回の対象事故について、

被保険者1名当たり10万円を限度とします。
と書いてあります、10万円を超えるような相談は・・? 自分で払うのか・・・?

ここに、又も特別約款が出てくるのです。
ア- ややこしいい部分です。

「特別約款」 ➐ 「弁護士費用等補償特約」(自動車)・・?

第1条 ~ 第12条 まであります。
それ以外にも <別表> が書いてあります。

第1条
この「特約は」保険証券にこの特約を適用することが記載されている場合に適用されます。

「法律相談費用補償特約」は?相談、交通事故の相談なのです・? 決断を求めたり・?
紛争の解決をしてもらうことではないようです。

これは、交通事故の処理は保険会社同士で「示談の交渉」などを行うようなのですが、や
やこしのは、保険会社が法律に関わるようなことまでできるのだと言う事です・・?

それでも「交通事故」の解決が出来ない・・? どうしてもこの交通事故は納得がいかな
いときに保険会社に報告して「弁護士等」に相談をする・・?

その相談でも解決が出来ないようなときに「➐ 弁護士費用等補償特約」 の出番になっ
ていくようになると読んで解釈をしました。

この「特約」の第6条に(お支払いする保険金) の項目があります、それは・?

(1)当社は支払うべき弁護士費用保険金および法律相談費用保険金も額は、1回の対象事

故について被保険者1名あたり合計で300万円を限度とします。
約款に書いてある・・!
★ 弁護士等とは・? 弁護士または司法書士法第3条2項定める司法書士をいいます。?

<別表> 弁護士等への報酬
➊ 着手金 125万以下(経済的利益の額)~ 3億を超える場合 まで6段階に
分かれています。 大凡 約10万円から!

➋ 報酬金 (経済的利益の額)125万以下(経済的利益の額)~ 3億を超える場合
5段階になっているようです。 大凡 約20万円から!。

➌ 日当 大凡 3万から!

➍ その他の実費 社会通念上必要かつ妥当ながくとします。

弁護士等・・・・? なんとなく話題にはしてはいますが、実際にお願いをするとなれば
とんでもないお金が必要になるのです、 これこそ互助・・? 保険にたよるしか方法は
みたたらないように思ったのです。
おわりに
自動車保険「ご契約のしおり」のぜんぶで 208ペ-ジあるなかで
「約款」の部分が153ペ-ジもあるのです。
「自動車」保険を付ける、約束を買う自分は保険の中身がこんな
ふうになっているとは・・? 考えさせられました。
それなりの金額を支払って約束を買ったのですから、その約束を
確かめてみてはどうなんでしょうか・?自分の為にも。

Sponsored Links

 - 事故(火災、自動車)

  関連記事

事故の連絡までしてくれる「ドライブエ-ジェント パ-ソナル」!

Sponsored Links 自動車の運転者も動けないような交通事故にあってし …

自動車保険安心なのかこの内容で?

Sponsored Links 自分の自動車にかけている保険イザという時に本当に …

こ方がいいかも!弁護士費用の支払い!

Sponsored Links 損をしないためにも自分の保険内容を再度見直してみ …

自動車保険「対面販売」と「通信販売」選ぶのはどっち?

Sponsored Links 最近のテレビ コマ-シャルで流されるている自動車 …

交通事故の過失割合はどうして決まるのか?

Sponsored Links 過失割合とは、起きた事故の復旧にかかる全体の費用 …

火災保険も賠償保険も掛けてなければ自滅する。

Sponsored Links 火災が心配な時期になってきます・誰もが自分の家だ …

火災保険「補償」「掛け金」貴女はどっちを買いますか!

Sponsored Links 「昔から安物買いの銭失い」 とは、よく言われてい …

冷たい「法律」でも火事はけせない!

Sponsored Links 問題のゴミ屋敷でいままで5回もボヤ騒ぎ・・? 火 …

事故に会ったら警察、これは自分の為です。

Sponsored Links どうして交通事故の時警察に届けるのか? それは自 …

交通事故のケガ・搭乗者傷害・人身傷害・どう違う?

Sponsored Links 横断歩道を渡っていた人にきずき停止した前の車に気 …