ニヤンコの窓

経験談が主

死後の世界を覗けるのか?

   

Sponsored Links

人間として「この世」に生を受けて・・?
そんな高等な話ではなく「今いきている」
自分もいつかは「あの世」に行きます・!
自分はなぜ死にたくないのでしょうか・?

「死後世界地図」読後感想

死ぬほど辛いとはどういう辛さのことなの
でしょうか・・?

そんなことばを言える方は!キットあの世
を見てきた方なのでしょうが、自分には分
からない言葉使いの言い回しに思えるので
すが、どうなんでしょうか?

「あの世が見える人もいる」・?

世の中の人とはこんなのですよと言う諺に
人間「百人十色」と言ういいかたがあるの
ですが? 言い方を変えれば、とんでもな
い人もいるのですよ! と言う事でしょう
見えない世界のことは?見る事ができる人
に聞くしか無いのですが・・?







そんな人に出会ったとしてその方のことを
信ずるか? 信じないかは・?その方しだ
いだいとおもうのですけれども・?

「在るから無い」が出てくることを考えて
見えない「あの世」があるから「見える」
あの世もできてしまうのです・・?

ここで、「死」について医学的なことは専
門ししている方々に任せて、「あの世」を
書籍にして紹介している本の中からこれは
と言う部分、なるほどと思ったところをこ
こで紹介してみたいのです。

自分もこれは信じますと言う部分です。

誰もかけなかった!

「死後世界地図」NO 1
故人になったフランテッツォウが「霊媒」
ファニ-ス氏に語った事を本にした物の
日本語訳版です。

その中から・!
私たちはふだん、この人生の最後に「死」
と言う扉があることを忘れようとして生
きているように見えます。

それは、「死」の扉を開ける時の肉体的苦
痛や、これまで得たものが消える去ること
えの恐怖、愛する人々と別れる悲しさを考
えすぎると、死ぬことが恐ろしくなってし
まう。
そのことへの、自衛本能なのでしょう。
と書いてあります。

Sponsored Links



果たして、これを読んだ自分はどう思った
のか・?
第一に思いついたのは「死」の時・・・?
息を引きとるその時が一番怖いし、恐ろし
いと思っていたのですが・・・・?

その部分はは・? 別の違う本で納得して
いるのです、それは、そのようであって欲
しい願望もあるのですが・こうです。

納得が出来た本、医学博士「毛利孝一」
が書いた「死の瞬間」の中にこんな部分が
あるのです。
「あのまま死んでいたら死ぬというのは楽
なことではないか」!
「氏」が脳卒中にかかって「死の入り口」
の眠りから覚めた時の実感なのだそうです。

「この、時折うっすらときえていくような
時に戻らなければ、そのまま死ぬのだろう。
それならば死ぬということは、じつに楽な
ものではないか」

またも「死」の淵まで行く・?

その、毛利博士が次にっかかってしまう病
は「心筋梗塞」だったのです。

その時の様子はこんなふうです。
心筋梗塞の病状の一つとして、わたくしの
場合もひどく血圧が下がりました。
最高血圧が 80ミリ 以下に下がりますと、
仰向けに寝ていても、ときどきすうっと消
えていきそうに意識がなくなりました。
そのとき、ふしぎなことに、ちっとも不安
がなく、心は嘘のように平静でした。

毛利博士の本では、職業上もっともっと多
くの臨死の体験が書かれてあいますが・?
その多くは、人間が死ぬかもしれないその
時、瞬間に、苦しんで、もがいているとき
の本人は実に平坦で静かで楽なものだった
と書かれてあります。

「立花隆」氏の「証言・臨死体験」の本を
読んでもにたような記述が多いと感じたの
です。
さいごに
フランテッツォウは自分が死んだ
ことを知った時は、眠りから目が
さめて・・?
ここはどこだろう・・?と思って
しまうような目覚めかたで・・?
自分の墓を見た時に俺は死んだの
か・?
ここにいる自分を誰も見てくれな
いときに「死」を悟ったのだそう
です。
自分の最期もそうありたい!
 


Sponsored Links

 - 身近な不思議?

  関連記事

誰も信じないと思う本当の話!

Sponsored Links 世の中には不思議なできごとは山ほどある? それが …

2017年1月にくる「節季」大寒とは!

Sponsored Links 晴れました! 約2週間ぶりに清々しいスッキリとし …

no image
妖怪と幽霊暗いとで探す!

Sponsored Links   今、妖怪ブ-ムが起きている・・? …

no image
古いお札は、お宮様の焼納際に持っていくのです。

Sponsored Links 古いお札は、お宮の焼納際に持っていくのです。 今 …

ブルゾンとジヤンパ-の違い?

Sponsored Links デザインだけでみに付けている上着も! 今までなに …

no image
2016年の使いやすい「B-6の手帳はこれ」!

Sponsored Links 毎年購入している手帳?2014年の12月に自分の …

アメリカ大統領100年後の因縁?

Sponsored Links 信じられれない偶然にしてはではどうしても信じられ …

別荘に住んでいる「猫」!

Sponsored Links 今は、結婚をしてよそに住んでいる娘の笑えるのか? …

やっぱり「巫女」はあの世が見えている!

Sponsored Links 「巫女」と名乗っている方は今も多くおられるのでし …

死者に語るチベット密教とは

Sponsored Links この写真はラダック新年の悪魔払い ”ラマソギ” …