ニヤンコの窓

経験談が主

先祖供養の [お盆] [盂蘭盆」とは?

   

Sponsored Links

お盆とは「ウィキペデア」には以下ように書いてある。
————————————————————————
お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。 日本古来の祖霊
信仰と仏教が融合した行事である。 かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行わ
れた。

現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。
以上、ウイキペデアの文章。
————————————————————————-

お寺の説教では!

自分がきいたお盆の話は「仏教の法華経」を信奉しているお寺での説法できいたお話が自
分には・・・?幼いころにきいたからなのかそうなんだろうと今でも思うので、自分の記
憶の戻れる範囲でお「盆」の事を書いて見ました。

お盆とは「盂蘭盆」と書くのが正しいのですよ・・!と言われたことを思いだすのです。
日本の言葉に当てはめて発音すれば「ウラボン」の孟をよまずに簡単に「お盆」と言うよ
になってきて、今に至っているとおもうのです。

お寺で聞いた「お盆」の由来はこんなふうでした?
「釈迦」様の十大弟子の一人に「目連尊者」というひとがいたのだそうです、この尊者は
「釈迦」十大弟子の中でも「神通力第一」の弟子と言われていたのだそうです。



「釈迦」十大弟子の一人「目連尊者」があるとき「神通力第一」といわれる「神通力」で
既に他界している自分の「母」お母さんが今どうしているのだろうかと? 「神通力」で
お母さんを見てみたのだそうです。

「神通力第一」の「目連尊者」が見たあの世の母の姿はとんでもないことになっていたと
いうのです。

仏教で言うところの3第獄「地獄」「餓鬼」「修羅」の中の「餓鬼」獄にいたというのです
「餓鬼」は食べる物がない世界・? 自分は良ければ、他の「事」「人」などうでもいい
世界・・!そんな世界にいた、あの世の母の姿におどろいたのです。

「餓鬼」火炎地獄・・? で苦しんでいる自分の母の姿がをみてしまった「目連尊者」が
苦しんでいる「母」を助けようと、神通力で「水」をあの世の母に送ったのだそうです。

所が、あの世に「神通力」で送った水が・? 燃え盛る火の油となってしまいますます母
を苦しめることになってしまったのだそうです。

神通力第一「目連尊者」

そこで、苦しんだ「目連尊者」が・・? 母は今、火炎のなかにいるのに、「神通力」で
水を送れば火に油をそそぐし弱りはてたのです。

母が日の中に居ながらも「おなか」を透かしているのではないもかと、今度は「神通力」
でご飯「飯」を送ったのだそうですが、他の住人が奪い合い肝心の母には届かなかった!

次に送ったご飯はどうにか「母」の手に届いたとしてもそのご飯も燃えてしまう様をみた
「神通力第一」の目連尊者がいよいよ困り果てて、「お釈迦様」に救済の教えを請うたの
です。

神通力であの世の「母」に、水、飯を送った時の話をしたところ「お釈迦様」が苦しむ母
を助ける救う方法は・!

お釈迦様に教えていただいた「餓鬼道」の母を救う方法が、今の日本では「蘭盆」の行事
になっているのですよと、お寺できいたのです。

Sponsored Links



その話のつづきは、 苦しむ「母」を助けるための方法・?様式?ありようはこんなふう
だったのです。

お盆の始まりは・・?

「お釈迦様」におしえてもらった、教えて戴いた「母」を救う方法は?
その方法・? いまでは毎年の行事になっているのですが・?

その方法は・? 「祭壇」を作りその祭壇に山の物、海の物「山海の珍味」を沢山お供え
をしなさい、但しお母さんだけに送るのではなく、お母さんの周りに居る方がにも、お供
え物が届くようにするのですよ! と言われたというのです。

後日、「神通力第一」の「目連尊者」が「お釈迦様」の教えどうりに、祭壇に沢山の食べ
物 「海」「山」のお供えもを飾り、そなえてところ、火炎で苦しんでり母に「神通力」
で届けたところ、母があの苦しみ「餓鬼道」から救われたどいうのです。

「お伽話」 か・? 和尚様の説法なのでそうなのか、なる程と今でも疑いもなく信じて
いるのです、お経のなかにもあるそうです。

あの世に居るご先祖様がいらっしゃしゃったから、今ここに自分がいることはどなたでも
承知のことなはずです。


今の自分に出来る、先祖様に対する最大の気持ちの表れが、お仏壇に飾る祭壇なのではな
いのでしょうか・?

そんな心の余裕は先祖様にも伝わると考えるのです。

摩訶目犍連(まかもっけんれん)
一般に目連(もくれん)と略称される。神通第一(じんずう・だいいち)。
舎利弗とともに懐疑論者サンジャヤ・ベーラッティプッタの弟子であったが、
ともに仏弟子 となった。

中国仏教では目連が餓鬼道に落ちた母を救うために行った供養が『盂蘭盆会』
うらぼんえ)の起源だとしている。

お盆期間のえ火は8月13日、送り火は8月16日 盆入りの8月13日の夕方には、
先祖の霊が迷わないように迎え火を焚きます。 そして盆明けの8月16日の夕
方には送り火を焚いて先祖の霊を見送るとされています。 迎え火と送り火の
日程は、地域の風習や家庭によって 早めに迎え火をしたり、調整をすること
もあります。

おわりに
先祖を思うのはいつの世もどんな国でも同じはずです。
今は、ハロウインだとかクリスマスだとかと横文字の
文化に大騒ぎをしているようですが・・?
お盆とて、収穫の意味合いがあるのです。
お盆の迎え火の前日に、祭壇に飾る、茄子の牛、きう
りの馬、労働収穫の感謝の表れとおもうのです。
仏壇の前に飾る「祭壇」の意味を静かに考えるのも
日本の大切な文化行事だと思います。

Sponsored Links

 - あちらの扉を開ける!

  関連記事

医学教授の書いた「その瞬間」の本!

Sponsored Links 題にも記載してますが「その瞬間」この本の読後感想 …

やっぱり「巫女」はあの世が見えている!

Sponsored Links 「巫女」と名乗っている方は今も多くおられるのでし …

終活を考える読後感想!

Sponsored Links 昭和54年12月21日に出版されている「愛は憎し …

食品でバイトポイント交換はモニタ-で!

Sponsored Links PCを近い始めればスマホもおなじなのだと思います …

2017秋彼岸入りは・・?

Sponsored Links 平成29年の 秋彼岸は 「9月20日」が秋彼岸に …

あの世のことを書いた本!

Sponsored Links 避けることができない「そのとき」 かんがえてもど …