ニヤンコの窓

経験談が主

18歳免許取得でとんでもない事に!

   

Sponsored Links

知り合いのお店の店主が・・・! 自動車免許を取るお金より借りたバイクでとんでもな
い高額の修理代を払うことになったと、長男がお起こした事故を話し始めたのです。

ムダ金を払うことに!

友人に借りたバイクで起こった事故 の後始末、自動車運転免許を取る時の費用より事故
解決のために使った修理代のほうが免許取得のひょうよりも倍の金額になってしまった。

自動車の運転免許証をとって一週間ほど過ぎたころに学友が自分のバイクだから・・!
君も免許取得をしたのだしこれに乗ってみるか・?  とバイクをかしてくれたのだと
言うのです。

 



これが・・・? 大間違いの始まりだったのだそうです。
四輪自動車の運転は自動車学校でおしえられてきたので運転ミスなどはかんがえられな
いほどに上達していたはずですが・?

四輪自動車自動車の免許を取得すれば、自動的に原付バイクは運転をしても違反にはな
らないので、学友が自分のバイクをかして貸してくれると言う・・!

初めてバイクに乗ってみることにした。

ここで間違いが起こってしまったそうです。

四輪車は転倒することなど相当にムチャをしないと起こらないのですが、単車、バイク
は運転者が支えなければ右か左どちらかに転倒してしまうのです。

初めて「自転車」を動かしたときのようになかなか思うようにには操作ができないので
す、それにバイクは ・?  動力が自転車のようにぺダルを人力でこぐのとはちがい
エンジンが動力になるのです。  (あたりまえ!)

エンジンが付いているので、バイクの場合は自転車とは車体の構造も違う、当然車体が
重たくなるし、操作が大変な時などは自転車のように、手をはして車体を倒すわけには
行かない。

自転車に比べ高額なバイク簡単に倒すわけにはいかない!

バイクはハンドル右側についているスロットルを回さないと発信しなわけですが・・?
学友にかりた本人はバイクにまたがらないで(危険)ハンドル右のスロットルを回して
しまった。



エンジンが動力のバイクは運転者のいない無人発信をしてしまったのです・・・・?
グランドのような広くて障害物のないようなところでの運転であれば・・! バイク
を倒すだけでよかったのですが・・?

自動車の込み合う大型販売店の駐車場でそれをやってしまったのです、そこでどうなっ
たかは想像のとおりでした。

駐車中の自動車のリヤからフロントのドア-に、学友からかりたバイクのブレ-キレバ
-でキズをつけてしまったのです。

バイクにキズをつけられた車の持ち主は当然自動車の修理の請求をしてくる。

こんな時の修理理代はどうするか・・?

店主はこんなふうに言っていた。
バイクの持ち主は(学友)は自分が運転していたことにするといって保険を使うことに
話をもっていこうとするのですが・・? そこにはおおくの目撃者がいて、バイクの暴
走をみていたのです。



学友は自分の親に事故の話してもあとでわかるようなウソもいえないし・・!
で・・・! バイクを借りた本人に自動車の修理代の請求がくることになる。

Sponsored Links



知り合いの店主曰く・・!
やっと自動車の運転免許をとったのに、今回の出来事は、運転免許を取る費用の倍の費
用がかかってしまった。

注意一秒ケガ一生!

自分は息子に「口すっぱく」他人の車は借りるなといっていたのにこうなってしまう。

免許の取り立ては「要注意」とよく聞く話なのですが「まさか」が本物になってしまっ
た・・! 物の損害だけで済んだから・・・! もしこれが、人を巻き込んでいたら?
ゾットする。  とこぼす店主のはなしでした。

18歳で免許証をとったばかりはのころは本当に「要注意」なのです!

筆者もこのようなことはよく聞くはなしです・・! 自動車免許を取り自動車をかって
もらい、その自動車に友人を乗せてドライブ・・? 途中で運転手の交代車の持ち主で
ない友人が運転をして・・・!

ハンドル操作か速度の出し過ぎか・・・? クルマが路肩をはずれ転倒してしまった事
故の話などもよく聞くはなしですし、自動車もろとも川に転落等もあるのです。

さいごに

本当にによく聞く話ですけれども自動車の運転免許をとったばかりのころは大げさに
言えば50%の新人は自爆も含めてなんらかにの事故にあっていると思うのです。

取り返しのつかないことに、巻き込まれないように、巻き込まないように充分に引
き締めて運転をしたいものです。

また、他人の車の運転は出来る限りしないほうがいいのです。
若い人はすぐ車などの借り貸しを、しますが、なれないことは事故のもとです。
一生かかっても償いきれないことに巻き込まれないようにしたい!

交通事故は誰も喜ばなのですから。

事故をに遭えば一生忘れることができないのです。

Sponsored Links

 - 事故(火災、自動車)

  関連記事

交通事故になった時・その解決早める方法は!

Sponsored Links 通販で保険を掛けた人・? 直接対面販売で保険を掛 …

冷たい「法律」でも火事はけせない!

Sponsored Links 問題のゴミ屋敷でいままで5回もボヤ騒ぎ・・? 火 …

GWに最適なドライブレコ-ダ-です・?

Sponsored Links ドライブに出かけるでしょうゴ-ルデンウイ-クがま …

新学期「サイクル保険」が変わる!

Sponsored Links ほとんどの保険会社「損害」では今年「2017年4 …

交通事故のケガ・搭乗者傷害・人身傷害・どう違う?

Sponsored Links 横断歩道を渡っていた人にきずき停止した前の車に気 …

火災保険「補償」「掛け金」貴女はどっちを買いますか!

Sponsored Links 「昔から安物買いの銭失い」 とは、よく言われてい …

2018年1月・自動車保険の改訂で保険料・上がるか・下がるか?

Sponsored Links 平成30年1月に損害保険、自動車保険の任意保険料 …

「約款」で見る5回目「ロ-ドサ-ビス」の穴?

Sponsored Links それぞれの保険会社でさまざまな呼び名をつけた「ペ …

自動車保険の代車費用とは!

Sponsored Links 自分が何年か前に自爆事故を起こした、自爆といって …

保険金を払わない「約款」をみる!

Sponsored Links 自動車に任意保険を保険を掛けていても保険 金を払 …