ニヤンコの窓

経験談が主

エンジンオイルの交換時期と走行距離はなぜ必要なのか?

      2017/10/04

Sponsored Links

自動車の心臓「エンジン」は簡単なものではないのですヨ!

あなたの車 エンジンオイルは大丈夫ですか ? 最近はエンジンオイルの性能も行くなり
ましたから!走行距離ものびてはきていますが、だからと言って 安心していては・・・!
というより、忘れていてはあとで大変なことになるのです・?



そのことについて、古い昔に自動車・?機械 などの修理経験をしたことのある者として、
機械、自動車などに、いかに「オイル」が大切なものであるかを書いてみます。

人では血液」「エンジンではオイル」なんです!

誰でも理解できるていることなのですが、意外とゴチャゴチヤに考えている方々がいると思
うので様々な体験で知ったことなど、特に自動車のことなどを書いてみます。

自動車は鉄の集合体です、植物でも動物でもないことはここで説明をすることではないので
すが? 鉄はすり減ったら元にもどらないのです・・?

植物は・? いじめれば いじめるほど・? いい姿になるものだよ! と園芸の玄人に聞
いたことがあるのですが・?

植物・動物・でもない鉄、「自動車のエンジン」故障したときに、あまり動かさないで・・
「ソット」しておけばそのうちにもとにもどるサ・・!?

機械・ エンジン・にはそんなことは通用しない・!こんなことだれでもわかるのですが!
自動車 「機械」の外側「外観」は目で見えるからワックス・洗車・などはこまめにするこ
とができますが・?

目に見えない働き者の「エンジン」の潤滑油「オイル」はどうなんだろうか・・?

目に見えないから・厄介なのですが・・!

動物も失った所、切断しとところは失う前と同じように、もとにはもどりませんが ・?
体に受けたキズであれば時間とともに、組織の盛り上がりでなんとなくもとにもどっている
ようにおもうんです。

また、植物も、切られたところから、目が出てきて切られるまえと同じようになるのかなら
ないのかわかりませんが・? 切られたところがわからなくなるほどに枝がでてきます。

何が言いたいのか・・?

そこで考えてみたいのが・鉄・鉱物・すなわち、自動車のエンジンのことなのです、自動車
の内部 は、鉄です、植物ではないのです。

植物でも、地面から切り離したところはそのままの形で残りかすが・・・! 削ったり、穴
を開けたりと加工できますが、それは、地面からキリ離されて枯れた場合のことです・・?

枯れた植物・・?これは、話にのたとえで「木材」のことをおもいだしていただくのに都合
がいいかと思い、たとえてと言うことで「例」にしたのですが・・?

地面から切り離されて枯れた木材も、切ったる、削ったり、したところは、地面からのびて
いる時 と違い、切られたれきられたまま、削れれたらけずられたままでもとにはもどらない
のです。

こんな当たり前のことをどうして書くのか・?

Sponsored Links



鉄の塊「鉄の加工物」自動車のエンジンは生きてはいないのです、木材と同じように擦り減
ったら 擦り減ったままで、擦り減る目の状態にはもどららいし、大掛かりな修理をいない限
り元に戻すの 多額の修理代との相談なのです。



 

木材のように繋ぎ足したりなどの作業、自動車でいえば「修理」なのですが、自動車の場合
は・ 特に「自動車エンジン」などの場合は簡単に修理と言うことではないのです。

ア! Σ(゚Д゚) 忘れていましたでは済まないのです!

オイルの交換をしないでしまいました!この間まで「オイル」の交換をしなければと思いな
がらも ついうっかり忘れてしまったのです・・・!

まだ一日しか経過していませんし・? そここをなんとかしていただけないでしょうか・・
・・! それでも、今日300kmは走ってはいるのですが・・? なんとか整備士の腕でもと
にもどしてほ しい、今回は、エンジンオイルをいつもより高いのを入れてもいいですから?

機械の修理をしたことのある 筆者からしてみれば、冗談も休み休みにしてくれ・・腹が減
ったか ら・・・ここまで来るのにだいぶ我慢をしたから! ここで何か? 高いうまいもの
を食べよう!

そんな感覚は「エンジン」には通用しないのですよ!

人の情け、あなたの今日の多忙さ 大変さなど なんにも関係ないのです、エンジンにはわ
からな いのです・・・!

「オイル」の使い過ぎ、オイル交換の時期が来たのも、エンジンオイルフィルタ-がつまって
きた のも汚れてきたのも関係がないのです。

運転席にには、エンジンなどのさまざまの危険信号が出てきますが見落とせばどうなるのか
シグ ナルがでるまえに、持ち主であるあなたが手当てをしなければ、自動車自体は運転され
るままに動 くだけ。

長距離走行の途中であろうが、目的地を目前にしていようが・・! 機械的に ダメ とな
れば! エンジンは止まるだけです。

走行ができなくなる前に「自動車」「エンジンオイル」の今状態を知っておくべきと思うの
です。

前回の「オイル」交換をしたときの走行距離と期日との両方を知っておくのがエンジンに不
必要な 負担をかけないで済む唯一の方法です。

エンジンオイルが原因で擦り減ったら「ハイ」それまでです。

エンジンオイルの管理が悪くて、エンジンが不調になったらその時点で貴方車は今以上にな
らな いのです・?

酷ないいかたですけれどもほんとうに 「ハイ」 それまででなのです。

いろいろとインタ-ネットなどで調べてみると・ 車を買ってから今までいちどもオイルの
交換 をしていないのですが・・?こんなことは 「なんだコリヤ!」 となるのです。

これは 何千円のオイル代を惜しんで、後日 100万単位の修理代を払うことになることも
わから ずエンジンを動かしていることに気ずかない人なのですよ!

5000㎞まで大丈夫でしたとか・・・! 私の場合は一万キロまで大丈夫だとかは・?修理
経験の ある筆者から言わせれば「なにをいっているんだ!」と言うことになるのですが?

海外の話では、エンジンオイルが減っってきたから「追いたし」・? これはどう考えても

も日本では通用しないことなのです。。

このことは、自動車のエンジンオイルが原因で焼き付けを起こしたときなどはそこに車を捨
ててく るような大らかな・? 海外ような話では済まないのです。

エンジンオイルの交換時期と交換までの距離と・どれも過ぎたときは?
こんな時は? だめなのです! 過ぎたるは及ばざりべし!

オイルの交換時期も距離も、自動車メ-カ-では許容範囲はありますが・・? エンジンは
回転しているだけで摩耗しているのです。

許容範囲内でも摩耗しているのです、キッチンにある包丁のようにです、擦り減ってからは
もとにもどらないのです。

エンジンオイルをケチッルとあとで泣くのです、それが貴方にならにように「要注意」!

ですから筆者は3ヶ月または3500キロ走行でエンジンオイルは交換しているのです。

エンジンを壊しては・?エンジンの調子が悪くては、再販もできないでしょう・・!

筆者は自動車を財産とかんがえるし、自動車を道具にしている海外の話には同調できないの
ですが、貴方はどう考えますか。

 



 
まとめ
オイルの交換時期は前回から6ヶ付月までです。
走行距離は普通車で5000キロまでです。
筆者は3500キロで交換しています。
ハンドルをにぎっている貴方の車の重量と貴方の体重を
たしたすべてを「猛スピ-ド」ではこんでくれくるすぐ
れもの自動車なんです・・?
エンストをした車を貴方は自分の力で動かすことを考え
たことがありますか・?それだけ大変なものを動かす
「エンジン」その力をスム-ズにしているのが「エンジ
オイルなのです。
今すぐに愛車のエンジンオイルを点検してみませんか・!
これには 「マッタ」 はないのですから!
 
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



Sponsored Links

 - 愛車管理

  関連記事

夏までに冬のオイルは交換エンジンも夏用に!

Sponsored Links 古いオイルは要注意です! 燃費が全く違います。 …

節燃運転を一般道でやった結果は!

Sponsored Links 必見! 一般道路燃費向上運転の実際はこれがいいか …

自分で出来る・スノ-タイヤの安全な交換方法はコレダ!

Sponsored Links 標高の高い山には「初冠雪」のニユ-スが出 ていま …

車の水垢落としはこうして解決!

Sponsored Links 洗車はなかなか面倒ななものと自分はいつもおもうの …

冬タイヤと夏タイをに安全に交換する方法!

Sponsored Links 2月3日の節分{立春」も過ぎ・・2月18日「雨水 …

自分で出来る安全なタイヤ交換は!

Sponsored Links まもなく彼岸の中日です、冬用のタイヤを夏用のタイ …

タイヤ交換安心の必需品「トルクレンチ」!

Sponsored Links 冬の必需品「スタッドレスタイヤ」に交換する時期に …

これは必見、低燃費走行のしかた!

Sponsored Links 必見!一般道路燃費向上運転の実際は! 自動車のテ …

愛車の管理は自分で確認

Sponsored Links 愛車のエンジンオイルだいじよぶですか? あなたの …

車の水垢は一度落とすと後の洗車がすごく楽くですヨ!

Sponsored Links 車の水垢を落としたことで塗装面がピカピカとなり、 …