ニヤンコの窓

経験談が主

タイヤ交換安心の必需品「トルクレンチ」!

      2017/11/16

Sponsored Links

冬の必需品「スタッドレスタイヤ」に交換する時期になりました、タイヤ交換はどこで致
しますか?

不安なタイヤ交換・?

自家用車を持っているほとんどのかたは ?「アルミホイル付のスタッドレスタイヤ」を
持ってていると思いますが・・?

その、スタッドレスタイヤを夏用から交換して来年の「春彼岸」・?ころまでの約4ヶ月
間履いたまま「暑さ寒さも彼岸まで」の・・ ことわざの通りに履き「冬用タイヤ」
とと自分が交換すると時は、十分な注意が必要なのです。

そんなこと、ここで言われなくとも先刻ご承知だよと言われそうですが・・・・?

タイヤ交換の時締めるホイルの「ナット」その締め具合本当に大丈夫ですか・?

ガソリンスタンド、タイヤ販売店、車の販売店などに行けば、インパクトレンチで簡単に
「ダッダ ダッダ」 と無造作にホイルのネジ「ナット」を締めたり緩めたりしています
があの作業に使っているドリルのような「レンチ」はほとんどが圧搾空気の圧力でレンチ
を動かしているのです。




機械的にこれ以上締め付けるとナットが壊れるか、ホイルボルトがちぎれるのかどっちか
になるほど強力な機械「工具」なのです。

無造作にただ機械的に操作しているのでなく、この太さのボルトは「ここまで」が 限界
と、これ以上このボルトナットを締めると破断、破損 をする手前で機械的に締まらない
ように調整されているのです。

自分も経験がありましすが・? 錆びた ボルト、ナットを 緩めることも占めることも
できないようなときなど、ただ、力任せでそもままねじ込んでボルトをちぎりこわした事
などは何度もあります。

鉄でも壊れるのです・!

相当な速度で走る車、まちがえば命にかかわるような自動車の大切な部品と一緒には語れ
ない「ボルト・ナット」 簡単に壊れてしまうようでは怖くてそんな車には乗ることがで
きないでしょう。

素人が「機械装置」と同じ作業をする!

素人が 機械・道具 と同じ力で、適正にまんべんなく等しく自動車のタイヤを散りつけ
て 4本か 5本の ホイル・ナットを締めつけることができればいいのですが・・?

大切な車のホイルナット16本か 20本のボルトを同じ力「トルク」で締めることができる
のであればなんお心配はないのですが・? それができないのです。

 

それrができないのです「人は疲れても来るし」どこをどのくらいの「トルク」回転させる
力 ? で締めたのかなどわかるのがおかしい、というより忘れてしまうでしょう ・?

Sponsored Links



これで不安解消「トルク」レンチ!

そんな不安心配の救世主が「トルクレンチ」なのです。
この太さのボルトはここが最大値「適正値」と知らせてくれるとっても優れた「道具」な
のです。

適正値を知らせてくれる方法はいろいろとあるのですが、自分の買った「トルクレンチ」
は「カッチン」と音で適正値を知らせてきらるのです。

したの写真は「KTC」京都機械工具株式会社のペ-ジからコピ-したものです。

「プレセット型トルクレンチ」と言ってボルトの太さで適正値をきめらるようになってい
る工具だそうです。
単能型トルクレンチ
そのほかにも様々な「トルクレンチ」はあるのですが、自動車のタイヤ交換で使うのであ
れば「プリセット型」の「トルクレンチ」が最適な工具だとおもいます。

同じような型の「トルクレンチ」では単純型の方式のレンチもあるのですが・・?
この型は、この太さ専用の「トルクレンチ」でボルトの大きさで締め具合を調整できない
専用型というのでしょうか・・? もあるようです。


 

自動車「乗用車」小型貨物車」 軽乗用車か普通乗用車で使うのであれば「プリセット」
型の締め度合いの調整ができる  軽四輪でも普通四輪でも、どっちにもつかえるほうが
一本で済みますからいいと思います。

適正値を教えてくれる「トルクレンチ」はそのほかにも相当数あるのですが、これ以外は
専門の機械・・? 用となるのだと思うのここで終わりです。

自分が持っている「トルクレンチ」は残念ながら「KTC」ではありません・?




まとめると
自家用車のタイヤ交換は慎重に行いたいものです
いい加減にする人はいないとは思いますが・・・?物は鉄・・!人間の感情など入る隙間すらない
「ちがうでしょう!」と怒鳴っても何の反応もし
ないのです。

ホイルボルトの締め方が不十分でタイヤが車体から
はずれタイヤが暴走し「殺人」事件になったこと
もあるのです。

確実・安全・安心 の為に車のホイルボルトナット
は確実にトルクレンチで最終確認するのが大切です。

Sponsored Links

 - 愛車管理

  関連記事

大切なエンジンオイル「人では血液」・?

Sponsored Links 貴方の車、エンジンオイルだいじよぶですか? あな …

冬タイヤと夏タイをに安全に交換する方法!

Sponsored Links 2月3日の節分{立春」も過ぎ・・2月18日「雨水 …

タイヤ交換はこれ、それで愛車も完全だ!

Sponsored Links 春になればまた夏用のタイヤに交換するのですから読 …

節燃運転を一般道でやった結果は!

Sponsored Links 必見! 一般道路燃費向上運転の実際はこれがいいか …

自分で出来る安全なタイヤ交換は!

Sponsored Links まもなく彼岸の中日です、冬用のタイヤを夏用のタイ …

車の水垢は一度落とすと後の洗車がすごく楽くですヨ!

Sponsored Links 車の水垢を落としたことで塗装面がピカピカとなり、 …

自分で出来る・スノ-タイヤの安全な交換方法はコレダ!

Sponsored Links 標高の高い山には「初冠雪」のニユ-スが出 ていま …

車のオイル交換は慎重にすべきです。

Sponsored Links 自動車は道具ではなく自分の足です。 すり減った靴 …

これは必見、低燃費走行のしかた!

Sponsored Links 必見!一般道路燃費向上運転の実際は! 自動車のテ …

no image
エンジンオイルを軽く見るな泣くのは貴方です

Sponsored Links 車「自動車」の運行で、当たり前ですがエンジンがな …