ニヤンコの窓

経験談が主

エンジンオイルの交換は3500キロ~4000キロその訳は!

      2018/08/31

Sponsored Links

貴方の車、エンジンオイルだいじよぶですか?

あなたの、そんなに安くはない 車「愛車」の「エンジンオイル」は大丈夫ですか ?

私の自動車のエンジンオイルの交換の距離と時期は以下のようにしています。

一見ムダのようですけれども、その理由はこうです。
ジ-ゼルエンジンの次回オイル交換は3500キロメ-トルをメドにしていました。
ガソリンエンジンは 3500キロ~4000キロ(最長)にしています。

エンジンオイルを前回の交換より少しでも長く乗ったから得をしたは誤りです、
必ず故障か不調が来ます、人でいえば、誇張すればですが「血液」なのですから?

最近はエンジンオイルの性能も行くなり、電気で走る部分も少し多くなりましたが ?
内燃機関で自動車を動かいているのはまだまだ多いのです。



100% 電気で走る栗真なら、内燃機関のエンジンはついていませんから、当然エンジンが
ないので、エンジンオイルの心配は不要な訳です。

スポンサ-リンク


エンジンがない自動車は「エンジンオイル」を心配することはないのでしょうが、まだまだ
ガソリンを燃やす「エンジン」が主流の自動車が多いと思うます。

誰でも理解できるていることなのですが、エンジンを始動させて自動車を走らせる時・?

以外にエンジンオイルの事を軽く考えている人が、案外多いと思いゴチャゴチヤになってい
る考えてい人達がいるとも考えたので、その辺の事を分かりやすく、書いてみましたんなに
的外れでもない話のはずです。

自動車にみんなが乗るようになる前は?

自動車がマダ「トラック」が主流の時は・・・・! 乗用車が今ほど走っていまかったころ
は、エンジンの始動はトラックのフロントバンパ-のまんなかにクランク棒を入れる穴から
クランク棒を差し込んで「人力」でエンジンを回し! 始動させていたのです。

そんな時代はエンジンをクランクで「人力」で回して始動させる前に自動車のフロント・・
始動前には ネットを開けて必ず「エンジンオイル」の点検をしていたのです。

次に点検していたのは「冷却水」の点検をして、エンジンを回すほどの容量の少ない蓄電池
の液体も点検し、それから「エンジン」を始動させていたのです。

自動車を動かす–? 走らせる前には必ず「エンジンオイル」を注意していたのです。
鉄の塊が梗塞で回転するのです・・・! 油ヶ が無ければエンジンは回転まもなく焼き
付くのです・・・焼き付くとは、? エンジンから離れて「焼き付く」を見られるとすれば?
それは鉄鋼の電気溶接のようなことなのです。

鉄と鉄がくっついてしまう・・・自動車エンジンの中で「電気溶接」をしてしまうのです。
エンジンの回転の最中の「溶接」をしてしまうのですから。そんなことになれば自動車は
鉄の塊になってしまい「the end」・・・! 自動車ではなくなってしまうのです。

自動車のエンジン「心臓」は鉄の組み合わせでできているのは自動車を運転する方であれば
自動車は鉄の集合体です、植物でも動物でもないのです。

オイル不足で焼き付けば、その車は廃車・・?

鉄はすり減ったら元にもどらないのです・・? 鉄の工作物を使うとき等「テレビ」などで
にるこがあるのですが、オイル「油」をじゃんじゃんかけながら作業していました。

あれは、潤滑油の時もあれば「摩擦」をしないように、「摩擦」が起こらないようにと言う
作用もあるのです。

鉄の加工作業をしている時に「焼き付け」を起こしてはなんにもならないわけですし、金属
のこすれを最小限にするための「油」でもあるのです。

植物、動物 「生物」 であればある程度・・どの程度か知りませんが、再生は出来るので
すが・・・? 鉄は・金物は「生物」ようにはいかなことは万人の知るところです。

少しのキズであれば組織の盛り上がりで、なんとなくもとにもどっていますすが・・・!
一方、鉄の集合体である自動車のエンジンの内部は、ものすごく精密に加工された鉄の集合
体ですから一度すりへった部分はあとには戻らないのです。



今の車は「エンジンオイル」の過不足、走行距離による交換時期は・最近では自動車が襲え
てくれるので、エンジンのオイル不足、減少、などはモニタ-で分かりますが・・ オイル
の劣化までは教えてくれませんイルでをつぎたしても、元にはもどらないことは当たり前の
ことです。

スポンサーリンク

Sponsored Links



最近自動車の「エンジン」が変な音を出している・・・・?

ことが起きてから 値段の高いオこんなことは、自動車の「エンジン」が悲鳴を上げている
と思った方がいいでしよう。

「エンジン」の内部のどっかが擦り減って「異音」を悲鳴を上げているのです。

アッ 「エンジンオイ」を見なかったために「エンジン」から変な音、振動音がしたのだと
分かった時は 「後の祭り」 そんな状態になってからは、いくら値段の高い「オイル」を
入れてもダメです。

当然ですがオイルのつぎ足しなどは、とんでもない ことなのです。
以外にあとでオイルをつぎぎ足せば、減った部分おをおぎなってくれると、軽く考えている
方たちを見てもいまし、聞いてもいますが、それでは絶対にダメで無意味です。

愛車の重量は、あなたの体重も加わり?軽自動車でも総重量はは最低でも平均1㌧ぐらいに
はなるでしょう。

そんな重い物を自足70㌔ほどの速度で移動させるエンジン?の精密さ、一度すりへったら
木材をカンナでけずった材料をもとに戻すようなことなのです。  無理なことです。

エンジンオイルをたしかめてみましょう。

自動車のエンジンオイルが原因で始動がたいへんになってしまうようであれば、当然、エン
ジンの出力にも相当に影響します。

オイルを軽く見ていてエンジンをダメにしたから新しい車と交換しますといえるほど裕福で
はない私は普段からエンジンオイルはそうとうに気にしています。

ガソリンスタントでオイルが漏れてますよ!と、 言われるようなことは これ!絶対ダメ!
自宅の車庫のエンジンの下地べたに黒いものが落ちていたら、即修理工場に行くことです。

素人はオイルの交換はしないほうが賢明です。

今は、オ-ルシ-ズンタイプのオイルがありますが、自分の愛車から出た廃油の処理などを
思うと、とうてい無理です? 今時、自分でオイル交換をする強者はいないでしょうが?
思ったよりも案外に安価なのです。

オイル交換 これだけは、専門の販売店などに任せましょう。



一回のオイル交換代金はエンジンの不調でイライラするより ズ-ットやすいのですから!
エンジンをダメにしてしょっちゅう車を買えるほど裕福ではない私は、常走行距離を前回の
オイル交換に日時を注意しています。

いますぐ、愛車の「オイル」 点検をしみてましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Links

 - 愛車管理

  関連記事

タイヤ交換安心の必需品「トルクレンチ」!

Sponsored Links 冬の必需品「スタッドレスタイヤ」に交換する時期に …

これ正解??タイヤ交換の時期を考える!

Sponsored Links 確実なタイヤ交換ができる ?してもいいとも、の日 …

自分で出来る安全なタイヤ交換は!

Sponsored Links まもなく彼岸の中日です、冬用のタイヤを夏用のタイ …

no image
エンジンオイルを軽く見るな泣くのは貴方です

Sponsored Links 車「自動車」の運行で、当たり前ですがエンジンがな …

車の水垢落としはこうして解決!

Sponsored Links 洗車はなかなか面倒ななものと自分はいつもおもうの …

エンジンオイルは車の命です!知的な彼方はどう考えます?

Sponsored Links 自動車(愛車)の命は、エンジンオイルですよ! 運 …

愛車の管理は自分で確認

Sponsored Links 愛車のエンジンオイルだいじよぶですか? あなたの …

車のオイル交換は慎重にすべきです。

Sponsored Links 自動車は道具ではなく自分の足です。 すり減った靴 …

エンジンOILも疲れてます。

Sponsored Links あなたの車「愛車」のエンジンオイルは大丈夫ですか …

エンジンオイルの交換時期と走行距離はなぜ必要なのか?

Sponsored Links 自動車の心臓「エンジン」は簡単なものではないので …