ニヤンコの窓

経験談が主

これ正解??タイヤ交換の時期を考える!

   

Sponsored Links

  • 確実なタイヤ交換ができる ?してもいいとも、の日時は彼岸の中
    日のを境にした前と後が正解と考えますstyle=”color: #000080;”>どうして彼岸の中日の前後なのか・・?これは簡単な話で、今はあまり聞かれなくなった「諺」に由来して
    います。その「コトワザ」は 【暑さ寒さも彼岸まで】のことわざに習って
    いるのです。

    実際はどうなのか【平成】最後の彼岸は平成31年3月18日が 春の
    彼岸の「彼岸入り」です。

    彼岸の中日は春分の日平成31年3月21日が彼岸の中日になっている
    「彼岸明け」は平成31年3月24日になっています。

    自分が「自家用車」を持ち始めてから50年以上も経ちますが「諺」
    特に春彼岸の 「諺」!  寒さも彼岸までの言葉は一度も外れた
    ことはない、 この日以降雪で困った事がないのです。

    今は専用のホイル「夏」用と 「冬」用に分けてそれぞれにタイヤ
    を取り付けていますが・・・?

    その昔・・?冬は「タイヤチェーン」を巻いてはしるいのですから
    夏だ 冬だ と言ってタイヤの交換などはしていなかった。

    一年中同じタイヤでよかったのです「専用ホイル」は高値の花で!
    贅沢品だったのです・・!

    それからほどなく「冬用」タイヤが現れて・?我 さきと「冬用」
    のタイヤを買ったのですが・・?

    専用のホイルがなかったので・・! タイヤ屋?車屋・?に持ち込
    んでタイヤの交換をしたのです。

    そんな時のタイヤ交換は慎重に考えたものです、 冬用のタイヤを
    いつまでも履いていれば! 誰でもわかる通りタイヤの減り方は早
    くなってしまうので神経をとがらせたのです。

    冬用のタイヤ交換は・・・?

    タイヤ専門店では「夏」タイヤを「冬」タイヤに交換する作業は徹
    夜になる「相当」大げさな言い方ですが! そんな感じだった。

    「働き方改革」・? あの頃はそんなことを言おうものなら「即」
    首!自分はタイヤ屋に努めたことはありませんが、タイヤ屋の従業
    員と話せばそれらしき雰囲気はつたわったのです。

    今は「ホイル付き」の専用タイヤをほとんどの車で買われているし
    タイヤの交換に「エアーコンプレッサー」などなくても専門店に持
    っていく必要もなくなった。

    専門店に持ち込んでいた頃は?

    タイヤ屋の駐車場に車の数が多く見え始めれば・・!
    そろそろ自分もタイヤ交換をしなければと思って「タイヤ屋」に予
    約していたもんです。

    今はでは・! 自分で特別の工具も機械も必要がなくなってきたし
    いつでも簡単に自分のタイヤ交換ができるよになった。

    そんなことで、よそ様の動向が分からなくなってきた今は・・?
    タイヤ屋が・・?一定の時期に混まなくなってきた今は、いつごろ
    がタイヤ交換の時期としたらいいのか・・? 迷う・・・?

    【暑さ寒さ彼岸まで】諺が生きてくる!

    そこで「暑さ寒さも彼岸まで」の諺ざの時期を境にタイヤの交換
    をすることでなんの不安のないのです。

    後期高齢者の自分は「諺」通りに春彼岸を境にタイヤ交換をしを
    してきて一度も失敗したことはありません。

    雪深い山間部にお住まいの方には「ピン」と来ない話であること
    は重々承知の上で、こんな言い方をしています。

    自宅の庭で気楽にタイヤ交換をする!

    今の車には「ジヤッキ」が付いてこなくなったし「スペア-」の
    タイヤもついてこなくなったので、簡単なジヤッキ(2T)T用}を買
    う必要はありますが、一度買ってしまえばいいのだし、自分の家
    でできるのですから?
タイヤの交換工賃よりジヤッキを」買うほうが将来を考えると
安くなるはずです。

タイヤ専門店 車販売店 ガソリンスタンド でタイヤ交換工
賃を聞かれた方がはっきりしますが・・?

そこそこで、タイヤの交換工賃は異なると思いますのでここで工
賃表は書かれません。

自分の耳と目で確かめられたほうがいいでしょう!
交換工賃は、ジヤッキの価格とタイヤ交換工賃の差です。

但し、一回だけの価格の差ではなく複数年の差車を持っているで
あろう年数の比較で掛け算です。

まとめると

  • ● 冬用のタイヤをいつまでもつけていると
    燃費が悪くなります。
    ● 冬用のタイヤ古くなったので、履きつぶす
    これは「ご法度」です。
    質ですから、気温が上がれば、大げさですが
    タイヤが溶けます。
    ● 冬用のタイヤは低温で効力が出るようなゴム
    ● 冬用タイヤは時期が来たら(三月二十一日)を
    境に早く交換します。
    ● 冬用タイヤは高温になるとハンドル操作がうまく
    出来ずに交通事故を起こしますから「要注意」 です。

Sponsored Links

 - 愛車管理

  関連記事

タイヤ交換安心の必需品「トルクレンチ」!

Sponsored Links 冬の必需品「スタッドレスタイヤ」に交換する時期に …

エンジンオイルは車の命です!知的な彼方はどう考えます?

Sponsored Links 自動車(愛車)の命は、エンジンオイルですよ! 運 …

自分で出来る・スノ-タイヤの安全な交換方法はコレダ!

Sponsored Links 標高の高い山には「初冠雪」のニユ-スが出 ていま …

タイヤ交換はこれ、それで愛車も完全だ!

Sponsored Links 春になればまた夏用のタイヤに交換するのですから読 …

車の水垢落としはこうして解決!

Sponsored Links 洗車はなかなか面倒ななものと自分はいつもおもうの …

車の水垢は一度落とすと後の洗車がすごく楽くですヨ!

Sponsored Links 車の水垢を落としたことで塗装面がピカピカとなり、 …

エンジンオイルの交換は3500キロ~4000キロその訳は!

Sponsored Links 貴方の車、エンジンオイルだいじよぶですか? あな …

エンジンオイルの限界は5千㎞か6ヶ月にする理由は!

Sponsored Links 本田技研工業(株)で教わったことは! 技術研修と …

これは必見、低燃費走行のしかた!

Sponsored Links 必見!一般道路燃費向上運転の実際は! 自動車のテ …

no image
エンジンオイルを軽く見るな泣くのは貴方です

Sponsored Links 車「自動車」の運行で、当たり前ですがエンジンがな …