ニヤンコの窓

経験談が主

「保険金」支払いの速さ・に驚いた!

   

Sponsored Links

健康には自信があった・・? と 思っていた・・?
職場の健康診断で引っ掛かることもなく 約20年ほど政府管掌保険
には入っていっていました。

民間・国管掌保険・・! 

健康保険 厚生年金 失業保険 のいわゆる雇用されている人の為
の保険と言う名前の3点セットです。

若いころは給料・・? とは何なのだ!
月給は現金で茶封筒に入れられて ? 給与明細なるものも一緒に
入っていたのですが・・・!

年金・? 失業保険・・? 健康保険・なるほど・・・?
と思っていた時代です。

支払い給与総額と手取り収入の差には毎月嫌な思いをしていたので
す。

事務員が勝手に「保険」を引きあがってと思っていたのです・?
いわゆる 3点セットの保険でも「健康保険」だけはなるほどこれ
は必要なものだとおもっていたのですが・?

失業保険 これは自分が勝手に給料を戴ける会社を辞めるのだから
そのための保険など必要がない・・!

事務員はそんなことも分からないのか・・・・・?
とんでもない考えで働いていたのです・・!「バカ」だったのだ!

給料がなにか理解できない「天引き」をされて不思議に思うのであ
れば、直属の上司に聞けば良いのに、そんなことを聞いたらただち
に 「首」だ!と言われそうで聞けなかった、それで事務員の性に
していた。

給料の中身を「事務員」が勝手に操作など出来ることなどある訳が
無いのに、それに気付いたころは・・?

それに気づいたころは「時すでに遅し」・・?

そんな簡単なことに気づいて、これでは将来どうなると振り返って
見た時は「臨時職員」戴く給料は税金の天引き以外給料は全て我が
ものだった。

後悔先に立たず!

後悔はどんなに悔やんでももとには戻らない、だから後悔なのです。

これが・! 後に自分の生活に「大打撃」となるのです。

若いから病気などなかったのですが、虫歯だけは不衛生の田舎者に
は 特に ・? 容赦なくかかっていたのですが・・?

その時の治療代の自己負担はなかったと記憶していました。
社会保険に入っていない人は 窓口の受付で治療費の自己負担分を
現金で払っていたのです。

私「筆者」は自己負担なし ダヨ- ・・?と その時はハナタカ
だったのです。

歯科医から治療を終えて出てくる時は ? 天井を向いて ドウだ?
と ふんずりかえっていたょうな気がします・・?

歯の治療をしても「俺」お金を払わない ゼ と世間に見せていた
「バカ」につける薬も「なし」・・・・???

「臨時採用」 でも・・・!
「臨時職員」でも健康保険だけは加入できていたので・・・!
その職場は居心地が大変に良かったのですが・・本採用となると?
エンコ 内輪の採用が最優先の職場なのでしたから・・・・?

将来を考えて・・?
採用もされない「臨時職員」・・?
このままでいいのか・・・
俺 将来どうなる もしも・・病気になったら・・貧乏人は病気に
も見放されてしまうかも・・・?

ヤンチャ を辞めて将来を考え一人で自分の生活をすることになっ
た時 いいまのままの状態でいいのいか・・? このままいけるか
不安が先に走っていくのです。

いろいろ職探しをしたのですが・・?

そこで思案の末に自分で独立した「自分の職」を探したのです。

そんなことを考えていた時に初めて「年金 健康 失業」の保険の
意味が理解できたのです。

国の制度でも100パ-セント大丈夫ではなかったことに気づくの
ですが・・・きづいたときはすでに「過去」取り戻せないのです。

これだけは本気で考えた!

臨時雇用の職場はその時だけは良いのですが・・?
国の制度に完全に乗り遅れている自分は・・初めから国の制度にしっ
かりと乗っかっている人とは違うのだ、中が抜けている・途中で右往
左往していたから・・もう戻せない・・!

考えたくないのですが  病気の長患いは来る、必ず!!
加齢とともに「病気」が近づいてくる 希望もしないのにです・・!

そんな時に「生命保険」を真剣に考えたのです・!

生命・即・死亡 ・?
死亡保険金よりも 切実な問題は 病気による「長患い」で収入が・
明日の生活・・ ? が  ままならなくなってしまう・・?

入院の費用はどうする・・・?

考えがまとまってくるような年齢の時は・・民間の保険にはそれなりに
お金を積まないと、自分の考えているような生命保険には加入できなく
なっていたのです。

不安・収入・健康・
自分の収入で、毎日の生活がなければ素晴らしい民間の生命保険に加入
出来るのですが・・・!

少ない収入でどうすれ良いのか・・?

結論は簡単でした。
政府管掌保険 年金 失業 健康 の3つは収入があれば、3つのうち
のどれかに必ず入ることになる。

独立営業になれば・・? 失業保険ははいられないし入る必要がない・!
但し、嫌な表現ですが全ては自分の収入しだいなのです・・??

そこで、民間の生命保険に最低限で加入することになった。

但し、一番必要な保険は・・?
民間保険に入るなかで、で一番必要な部分は「入院日額」の部分なのです
が、これがまたややこしく、死亡保険金に入らなければ「入院日額」保険
には入られなかったのです。

火災保険に加入すと「地震保険」に入られる・・ようなものでした・・?
「入院日額」1日5000円にすると自動的に死亡保険金がはじきだされる
のですが、「入院日額5000円」、もっと高額な日額給付もあるのですが
1日の入院で・5000円の入院保険特約付きに加入した。


昭和46年で、西暦1973年です。
この保険加入が、あとで、とんでもなく助かることになったのです。
それなりの年齢でしたが 第一生命 で加入したのです。
加入診断もクリア-し無事加入できたのです。

その保険が・2018年に手術した自分にはとんでもなくありがたいものとなっ
たのです。
病院の支払いは「国保」で自分の年齢の割合を支払いうのですが・・?

民間保険の保険金がとんでもなく早く支払われたのです。
手術保険金・日額保険金が同時に支払われたのです。

国保の自己負担分は プラス・マイナス がプラスになったのです。
最低限の保険加入でしたが、イザ 該当すればこんなに早く支払われのです。

まとめ
保険・生命保険・損害保険・でも早くに加入「低年齢」で
加入すのがいい方法です。
交通事故が起きてからでは間に合わないのです。
病気になってからは民間の良い保険には入られない
のが実情でしょう。
今は、とんでもなく良い保険が販売されていますが
事後 加入の保険はないはずです。
死亡保険金だけの加入の場合はテレビで宣伝さてれ
いますが、本当に欲しい補償は簡単ではないはずです
それでも、今回の入院は助かった。

宣伝の通りではない保険も中にはあるでしょう。
かけてよかったと思う所を探しましょう。
自分は「第一生命」で本当によかったと今更思っています。

Sponsored Links

 - 保険「国 民間 共済」

  関連記事

「厚生年金・国民年金」双方からもらっています。

Sponsored Links 積立方式・? 負荷方式・だろうが掛け金をかけない …