ニヤンコの窓

経験談が主

*

真夏のサンセット・湾内クル-ズ!

   

酒田本港と北港湾内を定期連絡船で回った。

8月3日の夕方から、PM6.30ごろに受付の開始が始まり。
PM6.40 頃に乗船し定期船の桟橋から離れた。

手の届きそうなところにも!

海には「カモメの水兵」が私が乗った定期連絡船のいたるところ
に止まっているのです。

手でつかまれそうなところにも止まっているのにはさすが「水兵」
船の上では止まるところも人が乗るところも同じ場所になる・?


このころの「日没・夕日」はPN7.30ごろになるのですが・・?
天候は晴れました、しかし、沖の水平線には雲が出ていて、水平線に
沈む「夕日」はみることが出来なかったのです。

いつも陸から眺めている場所を湾内とは言いながらも船の上から眺め
ることの少ない、まずない、自分にはとっても感動的なことでした。

海上警察「海上保安庁」の巡視船「」を海上から眺めることが出来る
のも違った異様さをかっじ感じました。

自衛艦の奥に見える紅白の鉄骨は「コンテナ」クレ-ンです。

明日に船内見物が出来る「海上自衛艦・てんりゅう」も海のうえから陸上を
背景に見ることが出来るのも湾内クル-ズの魅力でした。

 

夕日が水平線と雲の間に隠れる「沈む」のを見ながら・・・!

ただついてくる「カモメ」はどこの海でも一緒なのだろうと、かつて
三陸海岸「宮古市」の浄土ヶ浜で観光船に乗った時の事を思い出しま
した。

あの時も「カモメ」は我々が乗った観光船にはじめから終わりまで付
いてくるのでした。

今 定期船で湾内を回るのに船出から湾内見物お終えて桟橋に着く
まで「ニャ- 二ヤ-」・? と泣きながら船についてくるのです。


共同火力発電所 発電に使う石炭の陸揚げ埠頭を海から眺めるのも
不思議な気持ちでした、いつも見ているのとは反対側から見るから
です。

海の上なので汗の出ることもなく暑いのに涼しい・・?
子供がはしゃいでいるのと同じよな気持ちになっていました。

船を降りるまで一度も船室には入らなかったのです。

海の上から陸上を見るのもたまには違った発見があるのでした。
まとめ
暇 釣りで防波堤からは当たり前のように眺めている風景
を反対に海から陸を眺めるのも一考でした。次回があれば
当然体験したいと思います。

 - カメラ写真風景

  関連記事

庄内の米倉、山居倉庫を観てきた。

毎日のように眺めてはいる景色なのですが! 倉庫迄は行かないよ うになりました。 …

種まき爺さん婆さんが消えました!

季節を見せてくれていた、種まき爺さんと、種まき婆さんが消えました、 平成27年6 …

椅子で壊れる床、アクリル板で「STOP]その方法は!

フロ-リング材の床板も長年の仕様で壊れてくるのはどこにでも有ることでしょ う、我 …

台風11号が来る前の鳥海山!

台風がすぎそこまで来ていますが!鳥海山のある庄内地方は雨が降らない 雨が降ったと …

「以外です」素人がデジカメ画像を比較して見ました。

一眼レフカメラ・コンパクトカメラ・スマ-トホン 比較 ! 同じ条件で写した画像の …

一眼レフ・コンパクト・カメラ写り比較4回目!

今回で四回目コンパクトカメラと一眼レフカメラの写真の出来上がりの比較! しつこく …

止まってまで見ない橋脚掘削場面

新井田橋複線化工事の掘削現場を通 りすがりに見る事はあっても、わざ わざ止まって …

鳥海山の種まき爺さんが消えます。

鳥海山の雪解け模様の『種まき爺さん』 がまもなく旅に出るのでしょか? &nbsp …

今晩が火星の大接近の日なのだそうです ?

火星が地球に最接近するのだそうです。 星座には相当に興味があるのですが、興味はあ …

出羽富士「鳥海山」が今日「初冠雪」の日になった。

鳥海山に初雪のニユ-スがテレビで流された今朝AM6.00頃に眺めた鳥海山は雲に覆 …