カテゴリー
携帯電話

悲しかった「ドコモショップ」女性店員の態度!

女性店員の対応に驚いた!

仕事で必要になり、デザリングで接続するタブレットを購入ドコモのスマ-トホンで使おうとう、WIFI接続に挑戦したのですがうまくできなかった。

スマホはドコモで購入しタブレットは家電量販店で買っています。
タブレットとの無線接続を教えてもらおうとドコモショップに行った時に驚いた。

自分に対応してくれた「女性店員」が、どうされましたかと対応してきたので、スマホとタブレットの接続だ出来ないので教えてほしいと伝えたところ「その対応」にビックリした。

お客様のスマホは「アイホン」なのでここでは教えられません・・?

チョット待ってください! タブレットを買ったのはここのショップではありませんがスマホはここのショップで買ったのですが・・?

そう話したらその女性店員は何を勘違いしたのか、まさかデザリングが分からなかった訳でもなかったろうに、いきなりどっかに電話「有線」をしたのです。

話の分かるところとの電話がつながりましたから・・?

話てください・・・ ン ? これは何のことかと思いましたが 受話器のかすかなこえは もしもし どうされましたか、と言っているのがので聞こえるのです・・?

受話器を渡された自分は何をどのように説明すればいいのやら・・とまごまごしながら電話に出てみたところ・・? アイホンのヘルプセンタ-だっのです。

何のための「ショップ」なのか!

ことのいきさつを電話で話すのもなんとなく変な方向に行きそうなので「アイホン」の担当者、電話口に出ている方にはもう一度、ユックリ考えて操作してみますのでこの電話を切らせてくださいと伝えて受話器を置いた。

単なる電話取次であればここまでこなかった・!

アイホンのコ-ルセンタ-に電話をするまでのドコモショップの店員とのやり取りはこんな感じだった。

自分⇒ このスマホでデザリングをしたいのすが?どうしたらいいか教えてほしい ❓

店員⇒ このスマホは ホラこの通り電波を受けてましから故障ではありません ❕

自分⇒ 自分でいくら操作してもダメだったのです ⁉

店員⇒ スマホが電波を受けているのでこれ以上はここでは分かりません ⁉ 

なんとなく挑戦的な女性店員の態度に「ナ二ッ」と言い返したかったのですが、あの方もなにかの事情、「女性特有」があったのか ? ここで自分の娘のような年齢の女の子と論争は嫌だったので、分かりましたと・?ショップを出た。

一流の ドコモショップ店員の態度 ??

文章でかけばこんな感じなのですが、実際の音声のやり取りはこんな感じではなかったのです、始めから挑戦てきで、語気も強い態度だっのです。

アナログ携帯の頃から!

自分はアナログ携帯の頃「シュルダ-ホン」のすぐあとに出て来た無線機のような携帯電話の頃からこの店で電話機を買っているのです・・・!

すこし日時を置いてから再度 ショップに向かった、受付をしていたのが アㇾ・・!

この間嫌な思いで応対されたときの女性店員なのです・・?

要件は何ですか・・?

スマホのデザリングの設定を教えてほしい旨を話すと・?無造作に睨むように受付カ-ドを「ハイ」受付番号です!と渡された。

主客天動・・こっちが客なのに・・小さくなっている・・?

そうこうしていると、男性店員が・・デザリングが出来ないそうですがと言って、席を案内してくれたのです。

タブレットは別の店で買ってきたのですが、このスマホでタブレットとデザリング接続をしたいと伝えると・・少しの操作で・・デザリング出来ました ヨッ・?

あの時の態度と無駄な電話のやり取りは一体何だったのか・・!

おわりに

前回は、売り言葉に買い言葉と言う、諺がそのままになりそうな雰囲気でしたが、このショップでタブレットを買ったのではなかったから、少し引け目も確かにあった。

それにしてもあんな店員がいるショップには行きたくなかったのですが、自分は長い付き合いだったので店を変えられなかった。

それでも、男性店員の素早く接適つな対応には「本当に頭が下がった」

 

 

カテゴリー
自動車

自動車保険「限定」は要注意です!

自動車任意保険の注意点!

一家に一台は当たり前の昨今ですが、この自動車はとんでもない

凶器でもあるのです、言われなくても分かっている話です。

走る凶器ですがこんなに便利な乗り物(自動車)でもありのです。

凶器でもあるのです、言われなくても分かっている話です。

走る凶器ですがこんなに便利な乗り物(自動車)でもあるのです。

 

人間の命は地球よりも重い!

地球より重い人間の命、自動車事故でこの世からおさらばするのか!

させられるのか、使い方を誤ればとんでもないことになってしまう

のです。

筆者がまだ若い頃、道路は砂利道で走る車は大きなトラックが砂煙を

上げて入っている時代ですが、それでも交通事故はあったのです。

その当時は自動車の任意保険などなかったし、運悪く交通事故にまき

こまれてしまえば? 自動車を持ってい人が負傷者の補償の為に家屋

敷を売り払い負傷者の補償金にしていたと言う話は当たり前にあった

事でした。

今ではそんな話は「浦島太郎」のお伽噺にもならない時代になった。

 

自動車事故の補償保険は・・?

今では自動車の保険は、強制賠責任保険と任意保険を付ける、入る

のが当たり前になりました。

人身事故・対物事故・障害補償 は当たり前になっているし最近の

テレビのコマ-シャルでは、交通事故の補償は全て無制限に補償し

ますと宣伝している保険会社も出てきました。

交通事故の補償はどうなるか時代になってきましたが・・・!

自動車保険の補償の恩恵は、タダではないのです? 保険会社が長

年補償の蓄積から素晴らしい保険内容になってきましたが・・・?

 

自動車保険に入るためのお金は!

「限定」は必要なのか・・?

限定 ➡ 運転者限定 ⇒ 他人も含めて3人を指定する。

   ➡ 家族限定 ⇒ 同居の親族と別居の未婚の子。

制限 ➡ 自動車を運転する人補償範囲の年齢を定める。

簡単な話 乗り慣れた自動車(自分の車)は、しょっちゅう使って練

れているから事故の頻度も少ないだろう・!、ですから、誰が乗って

事故になっても補償する保険料よりを安くしますと言う保険会社との

契約、自家用乗用車であれば、当然、自動車の取り扱いも丁寧になる

し誰が乗っても限定しないで、運悪く交通事故になっても補償する自動

車とは危険度が違うから保険料に差が出るのです。

相応しくない例えですけれども・業務の自動車と自家用車の運転はど

っちの事故頻度が多いかを考えたみれば理解できるでしょう。

そこで危険頻度の少ないと予想される自動車「愛車」の保険料をもっ

と安くするために 限定 制限 を付け保険料に差がでるようにした

のです。

最近は保険会社で割引の範囲はさまざまだそうですが、すこしでも安

くなるように本体に付ける制度なのだ。

こんな事故になった!

筆者の知り合いの別居の未婚の娘がたまたまの里帰り、運転免許証もと

っていたので、チヨットした用事で親の車を借りて運転していた・・?

こんな時に事故が起こる!

用事を済ませ帰宅するときに、相手自動車と接触事故を起こしてしまっ

たのです・?「夫婦」でない子供が事故!

保険会社で補償するための保険調査をしたところ、事故証明では

「夫婦」ではない運転の事故であったので補償対象ではない、今回の

事故の補償はできませんとなった、との話でした。

物の損害でお互いケガもなく損害額も少額なのでよかった・・・?

もし、人身事故「死亡」事故だっら・保険料の 7%~9% の割引額

を何故したのか悔やまれるところだったのです。

おわりに

知り合いの事故でも ヒャット する話ですが、自分の家庭で起こった

らどうしたかと思うと イザ の時の頼りの綱です、僅かの割引も大切

ですが、再度安心を買い、不安をなくすよう、自動車保険を再度見直し

たいものです。