「カ-ド」要注意です!

持った事の無「カ-ド」jaccs からメールが入りました、不要なクリックでアドレスなど開けばその後は「大騒ぎ」になるのでしょう

持った事の無「カ-ド」jaccs からメールが入りました、不要なクリックでアドレスなど開けばその後は「大騒ぎ」になるのでしょう ❓

以下がそのメールの全文です。

ACCSカードをご利用のお客さま
利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい


▼ご利用確認はこちら
https://jaccs-co-jp.ykmomc.cn/?Loginb6vqr7ne8nqqgfg
===================================
▼インターコムクラブサービス停止スケジュールのご案内はこちら
https://jaccs-co-jp.ykmomc.cn/?Login1leaklgbwrc41mh
●ご案内している内容について、お持ちのカードによっては一部
利用できない場合があります。
===================================
※こちらのメールは送信専用メールアドレスから配信されております。
こちらのメールに返信いただいても、返答できませんのでご了承ください。

【配信元】
株式会社ジャックス
Copyright (C) JACCS Co., Ltd. All Rights Reserved.
==================

以上—-触らぬ神に祟りなしの諺に従います、今までも多くの「偽メール」がありましたがその都度「メール」の会社に問い合わせをしました,その返事は偽メールと思われますから無視してくださいとの返答を戴いています。

「自動車保険」安ければいいのか・??

任意の加入の自動車保険なので,入ろうが入るまいがこれは個人に裁量に任せられているのですから他人がとやかく言うことではないのですが・?

勤務先で一時期損保険の担当をしていた時に「エライ事になった」ことを実際に自動車保険に入っていた人に聞いた事です。

自動車保険 には「強制保険」と「任意保険」の2ツがあることは今更何「ナニッ」と言われしうですが2種類の保険に加入しているのが当たり前になっています。

本当に2種類の保険に入っているとは思わないで自家用車を運転しているのが結構多いと思うのです。

自動車の購入時に,この保険に入らないと販売出来ない制度があるので知らないうちになにか自動車の保険に入ったのかも・・? ぐらいの感覚で自動車を買って乗っているのが多いと思うのです。

政府が監督する「強制賠償保険」の事ではなく・・!

政府が強制で入らないと車の運転をしてはならない・・と強制加入している保険ではなく・・入っても入らくとも自動車を動かす、運転は出来ますが・・・「任意加入」の保険だからどっちでもいいのですが・・これがこの保険が問題なのです「任意」だから・・?

任意の自動車保険はサマザマな種類があり一度の説明で飲み込むことは大変です。

安かろう、悪かろう、がこんなにピッタリとはまる保険をよくも作ったものだと仕事を辞めた今になってつくずくと考えさせられます。

自動保険「任意保険」の掛け金が高くても安くても補償はみんな一緒だったら掛け金の安い方を選ぶのは人情でしょう・・・が・・保険料の安さが実際に事故が起こり保険金の請求の時にややこしいいことになるのです。

保険料の掛け金が安かった分「補償」が薄かった。

自動車の任保険は加入者の、年齢、自動車の種類、家族関係、運転者関係、でいろいろほ保険料の掛け金が変るのです。

年齢が高ければ年齢の若い人より保険料の掛け金が違っていました、若い人より年齢の高い方は保険料が安かった「今は違います」・・・が ❕

最近はテレビ報道で盛んに「高齢者の事故」・・・・・の報道がされますがその通りで今か高齢者の保険料が高くなってきたようです。

自動車を運転していて運悪く交通事故になった時になってしまったときに、保険料が安かったぶんだけ「ハラハラ」していまう。

個人で買っている自動車と事業者が仕事で使う自動車の運転、管理、が全く違うし危険度合いも事故の度合いも業務の場合と個人の場合とはかなり違うのです。

個人で買う車は・・結構高い買い物で財産だから大切に丁寧な取り扱になっていると自分 が車を買って見て思うのです「自分一人の運転」が多いのですから!

個人で持っている自動車は運転者がほぼ決まっているからその車に慣れているので,業者が持っている自動車は運転者を決めれれないことが多いと思うのです、全てとは言いませんが。

保険料を少しでも安くしたいと個人所有の場合様々な制限を付けることが出来る。

自動車保険「限定」とは?

自動車保険 【自動車保険の特約】・・?

保険に入っているから大丈夫・・・・・? その保険ほんとうに大丈夫ですか?

確かに保険には入っていますが! いざ! 保険が必要な時にその保険が効力を発揮してくれるか、かということです?

その保険!制限を付けていませんか? 【自動車保険の特約】この車の運転は自分たちだけだら ???

よその人には貸さないから・?これがややこしいことになるのです?
同居していない、自分の子供は損害保険では他人の扱いになるのです。

そんな事は先刻ご承知だぞ! そこを冷静にもう一度自分が入っている保険の内容を確かめ見ませんか・・・?

家族、同居、年齢・・? などなどです。

限定から外れた運転で運悪く事故になると全く保険の対象から外れてしまいます。

「例えばこんなことです!」

別居の自分の子供、その子供にチョットだけ貸したような時・・?
どうしてなのか? なぜなのかか?そんな時に事故は起こるのです!

普段乗り慣れていない車! いつもと違う道路状況・・?そこに事故と言う嫌な事態が待っているのです!

自動車保険で困るのはそんな時、よく聞く話。

自分の子供だもの家族だし保険の対象になるのだろう・・・と・思う人は最近はいないと思うのですが・・今はそんなに聞くはなしではなくなったようですが?

コレ がダメなのです、保険料を 少しでも安くしようと契約の時はなるべく保険料を安くする契約をするのですが・・その分限定 「制限」 を多くしている、特に年齢などですがうかっかり子供の年齢に関なく親本人の年齢を基準にし契約をしまうのです。

最近の自動車保険ではそんな時の為に簡単に少しの保険料を追加するだけで里帰りの子供が運転しても補償が出来るようになったようです。

物損事故ならば・・どうにか謝って済みますが・・人が絡んだ事故になった場合はそんなに簡単に済むことが無いのです。

自動車の借り貸しは「慎重」に確認をしてからにするべきです。

おわりに

正月に里帰りをした子供の運転で物損事故がスーパ-の駐車で起こった、限定「制限」から外れた年齢で起こった事故・・・すべて自己負担になったことがありました。

自家用自動車 の運転者のことはに頭の角に置いておくべきだと思います。

事故が起こってからでは何の手助けも受けられないのです、事故の解決で弁護士にお願いすれば・・安くした保険料の何倍もの費用が掛かるのです。

ややこしい事故でも解決できるよな保険加入をしたい、再度自分の保険を見なおしてみてはどうでしようか・・・・?