白内障の症状と手術結果はこうだった!

白内障の手術を受けた!

自分が幼かったころの目の病は不治の病だったように思っていました
自分の母と同じ 年代だろうと思われる近所の人に目が何かに患っているのではないかと思はれる人がいました。

目の中の黒目が白くなっていた人に、緑いろになっている人もいました、その人が近所で話している内容は、これは(目の病)はあちらの世界に行かなければ治らないのだ と 言っている!

悲しいかな目の専門医がなかったしあるにせよそこまで行く為の旅費が大変な時代だ、そんな時代は今からさかのぼる事、約「60年」もまえのことでそんな時に目の病に侵されている人を見るのが怖かった・?

小学校の身体検査は頻繁に行っていた!

身体検査の内容は「体重」「身長」「胸囲」「座高」などベルトコンベアで運ばれるように次々と動き回ったのを思いだします。

そんな検査の中に「トラホ-ム」の検査もあったのです。
担当の医師の前に座るとすぐさま、瞼をひっくり返して何やら言うのですが、医師「お医者様」が怖かったので早く終わってほしかったことだけで、ただオドオドしていた。

小学校も高学年になった頃でも「目」の検査も頻繁に行われていました自分の番の眼検査が終わりホットしていた時 怖い「職員室」に呼び出され担任の先生に、○○君の目は「疑似トラホ-ム」になっているそうだから注意するように! ガン-!

自分は将来「盲目」になる!

自分の住んでいる近くにすでに「目」が白くなったり緑色になっている人を見ている自分は「ショック」で目の前が真っ暗になった。

「トラホ-ム」の疑いがあると言われて「疑似」なのに目の前が真っ暗になった。

現在の綺麗な水道の水ではなく、各家庭で井戸をほり、ポンプで水を汲んでいた頃ですから、貯めていた水で炊事、洗濯、風呂、洗面などをしていたのです。

朝は、あっちこっちがべこ凹の洗面器に井戸からポンプで汲み上げた貴重な水・・?で毎朝顔を洗っていたのです。

そんな時の顔の洗い方も「カラスの行水」? 洗うというより濡らすと言った方が「ピッタリ」の不衛生な洗顔・・? 生活だった。

眼の検査結果!

職員室で怖い先生に目の検査結果を聞かされ「ショック」でなんにも手に着かない。

自分は将来、母の知り合いが患っているようなことになる。

自分で出来る眼の健康法は洗面器で眼をあけて洗うことだった。

そんな素人療法でも、次回の眼の検査では何も言われなかった ゾ・!

小学校時代のトラウマで大人になっても眼の健康にはいつも不安に思っていた。

老人は目が弱くなる!

老人になれば口には出さないがめは弱くなるのだろうと思っていた。

自分も歳を重ねてきたのだから、身体も眼も疲れて来たのだろう・・!と自分を慰めていた。

これで分かった!

何かの会合が少し遠くの会場で夜6時から始まるのですが、その会合が終わると「懇親会」と言う酒の場でもあったので、自転車で会合に出た。

懇親会まで参加し自転車で返る時驚いた漫画に描かれている ようなる光が見えた煌びやかな眩しいその光は自動車のライトです、夜の自動車のライトで目の前が真っ白ろくキラキラ輝き自分の周辺がみえなくなるのです。

夜に見る時計がなんとなくボンヤリ? 全体の見え方がなんとなく暗い?これは? 年齢「加齢」だけででこうなるのではないだろう・・?

ヒヨットして「トラホ-ム」不治の病になったか・・?嫌な思いをしている小学校時代の眼の「疑似トラホ-ム」診察を思いだし不安でいるのも嫌なので「眼科」に行って検査をしてもらった貰った結果は・・「白内障」だった もうダメか・・?

眼科の先生がその場で「手術」で治りますよ と 言うのです・?エッ?続けていうのは、この手術は2週間後でないと出ないと思いますので受付で日取りを決めて下さい・?ナ、なんと狐につままれた!

手術は本当に楽だった !

そんなに「白内障」の手術をする人がいるのか・なーんだ、そうか「ホッ」手術日を受付で決めて、帰るときに思った、今は時代が変わった眼を手術する・のだ・・?

手術日に不安を持ちながら、手術室に入り・! 10分で「ハイ」終わりましたよ、こっちに来てください・ナニッ??

今日は車の運転はしないように、髪を洗うのもやめて下さい ネ ・・?だと あんなに不安だったのに、こんなに簡単に「手術」が終わる。

手術の次の日検査で時間指定で眼科に行き、検査を終え眼帯を外した瞬間見える世界が変わったのです。

おわりに
終わってみれば眼の手術は簡単「医師」に叱られそうですが簡単に思えた当然、眼科医の腕の良さあったと思います、評判の通りでした。

見えにくくなっている「ボンヤリ」してきた、なんとなく夜明けが遅い等と感じているのであれば眼の検査はした方が良いのでしょう。

運転免許証の更新で見え方がいまいち不安な方は一度「眼」の検査をした方がいいと思います、見え方が全く別世界で不安も消えます。

メガネ、目薬、では見え方の改善はないと経験上勝手に思います。

無理な体制で腰を痛めた!

先日トイレで無理な体制で用を済ませて・・・・・・?   トイレより出てきてしばらくしてから「アレッ」!

数分ごになんとなく体の右腰付近が苦しくなってきた・・?これは何だろうか、チョットだけ苦しいがなんとなく違和感がある程度なので・・特に無理なこともしていないのだしそのうちに治まるだろうと思い特別な手当もしないでほったらかしていた。

無料イラスト] フラ - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集

その後の右腰痛は・・?

午前中に少し苦しいくらいの腰が、出ていない太陽が沈み始めたころ・・夕方になって苦しさがだんだんとつよくなってきたのです・・・?

風呂に入り温めればおちつくだろうと考えたのですが・・かつてある人に聞いた事があったあの言葉を思い出し少し不安になってきた・?

夜になり痛み(腰かケガか捻挫か)がひどくなるのは簡単な事ではないと教えられてえられているんだと言うのを思いだした ゾッ!  

今まさに自分の右腰は夕方になり苦しさが痛さにに変わる時間なのか・・コレは簡単な事では済まされないことになるかも・・?

用心のためでもあるしとお風呂で温まり少し痛さが出て来た右腰(骨盤の右側)をもんでコレハよく効果のあると言う・妻が医院から出してもらった「湿布」を貼り、むりな動きはなるべく避けながらお休みモードに入ろうとしたに「アㇾ!」腰の痛みがだんだんとひどくなり、ヤットこさ眠りの体制をとっのですが・こんどは寝がえりをする事が大変になってきたのです。

このままで寝ても・・夜中にトイレに行くことになった時は大変なんだろうと不安を抱えながらも「ドッコイショ」と寝たのです。

いらない不安が起こった!

加齢も重なってきているので、一晩ふとんの中で「グッスリ」とは行くはずもなく起きたくないトイレ・・・右腰のひどく成って来た苦しみを我慢して用をなんとか済ませて再度布団に入った・のですがその時は転がるようにしていた!

このままでは・・・不安をかかえながらもどうにか朝を迎える時間になりいつものように朝の身支度を整えて・・?腰の苦しみが幾分楽になってきた・・ッ!

これはいいことだ、湿布と保温が苦しい右腰に良い結果を出してくれたとその時は喜んだのですが・・・昼間の動きでなんとなく苦しい右腰をかばいながらの動きは在るのです。

時間がすぎれば、そんな痛みも消えていくだろうと、昨夜に貼った「湿布」を貼り替えて日常の生活を秘めた、これはどうにかなるかも・・ある程度 動けるし・・!

つかの間の夢だった!

はやく苦しみから抜け出したい・・の思いが強く「誰でも同じ」少しでもいい方に考えてホッとしたのです此のままでよくなる・・ッ!と?

昼になり少し右腰の苦しさが・・・痛みに変わってきた・・なにこれは・・?

外を見ればいままでとは違う雪の多さと低い気温・・これが苦しみの原因だろう、キットそだ昨日までとは気温や雪の多さがまるで違う。

ここまできても・?・・右腰痛3日を過ぎようとしている時でさえももどうにか「治療」にかからないで済ませたと勝手な思いに任せて、前かがみなった情けない自分姿を慰めていた。

湿布を交換して風呂で温まり素人療法を繰り返してみた・・ダメかもと思う気持ちが大半をしめながらもです・おうじょぎわの悪さ決断の無さは、仕事を辞めてからとくに強くなっているのです。

無用な心配・・・それは・・自分のような者が治療機関にかかるのは世間の迷惑とかんがえるのです。

痛みがひどくねこんでいまったらかえって世間に迷惑が掛かるし・・どうするのか考えこんでてしまった。

ヤッパリ医療所に行こう!

ねこんで世間に迷惑をかけるより早めに・今の自分は「遅い」かもしれませんが車の運転が出来る今のうちに治療しようと・・マダ誰の手をもわずれわせる前に ドッコイショ と寝ころことができるいいまのうちに行こうと決めて寝床に入った。

苦しみを少しガンしながら寝がえりも簡単に出ないままに、どんな医療機関に行こうかと考えはじめた。

〇〇整形外科・・〇〇整骨院・・どっちも近くにあるのですが・・?

整形外科・整骨院・どっちにも一度は行った、掛かったことがあるのですが、迷った末に今回は「整骨院」に行くことにした。

自分が知っている・・いたずらガキの頃から営々とある整骨院なのだし、若しうでが悪かったらとうの昔に消えているはずなのに改築までして堂々としているあっちこっちの整骨院を考えると、昔の骨接ギ・・? ではないんだろうと思った。

整形外科を悪く言っているのではなく自分が掛かった時の状態を考えると、今回は整骨院に行くのが良いと考えて、近くに多くある整骨院で行ったことのない看板だけはしょっちゅう見ていた整骨院にいってみたのです。

整骨院に決めた理由は総合病院に勤務していた医師ではない職員が、自分がそこの「看板」をしょっちゅう見ている〇〇整骨院で、たった1日で腰の痛みが消えたそうだと噂できいた、ヨシそこに行こうと決めた。

大正解だった!

噂のままに自分のあの苦しい、少し痛さまで出て来た右腰がその日のうちにその場で嘘のように消えたのです・・・?

受付で・・・どうしました・・?と聞かれて3日~4日前にトイレで捻ったと思う右腰の痛み苦しみの事の話したところ早速こっちに来てください・・ハヤッ!

先客が丁度治療を終えたとこだったし別の患者は施術電気の真っ最中だったのですぐに施術に入れたのでした。

体をいろいろ確認しながら「アノ-」右腰の懲りが相当あります・・と言って傷んでいる周辺のほかにいろいろともんだりひねったりして横向きになってください、こんどはあおむけになってください、こんどはうちむせになってくださいと言われるままに任せていたら・・?

こんどは電気を掛けます・・ウンそこまでは納得だったのですが・・一連の施術が終わった時にかつて整形外科に通った時のことを思い出したのです。

それはレントゲン撮影をした後に看護師さんが電気を掛けて「ハイッ」きょはこれでまた明日来てください・ネッ・で終わっていたのとは大違いだったのです。

施術を終えて先生曰くは ハイッ きょはこれで終わりました・・すぐにくるしみは消えませんが・・いたみが消えるまで通ってみたらどうですか・・・? 即「ハイッ!」通いますと口から返事がでた。

おわりに

同じ体の施術「治療」でもベルトコンベアで送られる治療より、体の凡そを見てから施術されるとやっぱり・気分的にもそのばで痛み苦しみがきるような気がするのです。

実際に治りましたたし「痛み」がきえたのです。

2日目の施術は1日よりもっと丁寧な体の見方と一日と違った電気を掛けてきた、少し長い時間電気を掛けた後に患部に湿布をはりながら、再度丁寧な体の確認、痛さの部分を見ているとは思えない点検なのか確認なのかとにかく丁寧でした。

先生の言うには、寒さ、と運動不足が原因と思われますだった。

┐(´д`)┌ ヤレヤレ、本当にホットとしました。

こんなブログでも参考になればうれしいです。