真夜中に「金縛り」に会う妻!

公立病院の看護師をしていた妻が金縛りにあうと翌日に院内で異変が・??

今は退職をしているので「金縛り」にあうことも無くなりましたが看護師の現役の頃はしょっちゅう「金縛り」にあうのです。

現役で勤務していた頃の準夜勤と言っていた夜勤で真夜中の2時か3時ころに帰ってくるのですが留守の形になって家で帰りを待っているいるダメ亭主もねることが出来ず、帰ってくるを待ってからヤット就寝となるのです。

妻は疲れてすぐに寝るのですが隣に眠る留守番亭主も眠りたいのですが眠りが浅くすぐには寝付けなくお休みまでは少々時間がかかるのです。

疲れていても寝る前に今日病院で起こった出来事などを少し話してから寝るのがいつものパタ-ンになっていました、特に夜勤の日などです!

病院の仕事には関心のない聞き役のダメ亭主でも院内の出来事を聞くとその日はなかなか眠りに入れない時が多くある。

今日院内で‥〇〇さんの脈がどうだとか呼吸がどうだとか言われてもそんなもんかナ-ぐらいに聞き流しているのが夜勤時の常となっていた。

なかなか寝付けない!

院内の出来事などの話を聞いても 俺は男だ ❕ とカラ元気をだしても真夜中になればトイレに行くのも寒い感じのするときがあるのです。

結婚前はそんなことはなかったのですが、夜勤と言う職業のある人と一緒に暮らすようになってからはなかなか寝付くのが苦手になってきたように思うのです。

一緒に暮らすことを考え始めた頃から「看護師」と言う職業・・・病院と言う職場の事・・?楽しくて病院に行く人は考えられないし・・? とすれば・・病院は入る時は苦しいとか痛いとがで人の故障でお医者者様に診てもらい入院か・通院か・・または「あの世」に旅立つのかどっちかになるんだ。

退院であれば ❣

めでたく退院であれば(大半の入院患者)ヨカッタ、良かったと言う事になり大変結構な事ですが・・?

正反対の方もそれなりにおいでなのだと思うのです。

夜勤帰りで家に戻り・・? 話す内容は職業でなければ何とか避けていたい話が多くなるのも当たり前なのです。

ある日の夏、夜勤を終えてイザ就寝という前に〇〇さんの病気だいじょうぶだったろうかなどと話した後に・・・?

では寝るかと目をつむるのですがダメ亭主はなかなか寝付けない、夜勤帰りの妻はまもなく寝息をだして気持ちよさそうに寝てしまいます。

疲れているんだと、少し高い寝息も我慢しながらダメ亭主も頑張って? お休みなのですがあるとき、寝息では少し変だなッ と思う様な息使いの音(声)・・? 

寝息とは違うし・・・? 声をかけて起こそうとしたのですが、起きる気配がないし寝息と違うなさり声になっているようなので、寝ている妻の足を蹴っ飛ばしてみたところ・・・?

もっと早く起こしてくれればよかったのに・・?

なんでそんな寝息なのか・?

もっと早く起こしてくれれば ・・・と言われても疲れれいるんだろうからユックリ眠ってほしくてソット声をかけたのに、もっと早く起こして売れればとは・・・・?

何とその時、妻は「金縛り」になっていたのでした。

ア- 苦しかった・・? これはキットあの患者さんに何か異変があったんだと思う・・・!どうにか夜も明け休みも終えて日勤となった日に勤務を終えてダメ亭主に言うにはこの間私うなされていたでしょう・・アㇾ ヤッパリ 〇〇さんがあの日亡くなったんだって  (*_*) そんなことがあってからは妻の寝息異変ですぐに足を蹴とばすよになったし, 隣に寝ている妻もそれでいいというのだ。

おわりに

幽霊とか霊魂とかサマザマに聞いたり書籍で読んだりしてみいますが、自分には全く関係のない世界と思っていましたが、看護師と一緒に暮らすようになってからは隣にそんなことが起こるのです。

がそれも加齢とともに消えて行くようです。

魂・?あの世の世界は自分の場合頑張って見られるものでもなかったし研究しても理解の出来るものでもなかった、ですが自分以外ではあるのです。

こんな世界もあるようです ❕ http://the-cosmology.com/

霊能者亡き母を語る,あんまりにもリアルで驚いた・?

まさかの連発に驚き!

40年ほど前に実母が遠くに旅立lったその後!

何処でも同じことなのかは 分かりませんが春彼岸には良く「巫女」さんにご先祖様を出してもらい話を聞くという 風習があっりました。

旅立った「実母」に近い年齢になると・・なんとなく「霊」「魂」あの世などの言葉がいつも頭の片隅に出てくるようになってくるのです。

又聞きの話でしたが・?・

「巫女」さんの話が 自分に飛び込んできた!
その巫女さんは、自分が生まれた所からは相当に離れた距離に在住しているとの話だった。

自分が住んでいる場所から 巫女さん「霊媒師」の住まいされているところ迄の距離は相当に離れているのです。

自分が生まれたところから 巫女さんの住んでいる所まではこれまた相当の距離にあり離れているのです。

そんな距離、遠くで離れているしその地名も知らない所に「巫女」さんは住まいしているというのです。

凡そは分かるのですが、風の便りで聞いた巫女さんの各確実な住所は地図を飛来て調べないとそこまでは行くことが出来ない不慣れな初めて聞く住所なのでした。

なにを言いたいのかと言うと、テレビで一時期報道された「霊媒師」の嘘か誠かテレビでしょっちゅう見ている有名なタレントさんを相手に先祖・?か何かを話す番組があった・・・?

その番組で・・・人気だった「霊媒師」の後日談があった・・そういわれればあの番組がよほど前から見られなくなった・・?

番組か霊媒師か 批判はいくらでもあるでしょうし その批判を馬鹿気た話だと言い切れない噂話がが聞こえてきました・・?

それは・!

霊能者が次に見るであろう! 次回の番組で応対するであろう予定者を事前に調べていたと言うのです・・?

エッ!
それは事前の下べ調査?が済むと番組が放送をしたのだと言う事なのか・?

どちらにしても、話の話に過ぎないのですが、この噂話には ウ-ン とうなずいてしまった

巫女「霊媒師」 亡母を透視する。

自分がこれから、地図を頼りに行くであろう「霊能者」がこんな自分の事前調査などしたところで銭になる話ではないし、霊能者の話を聞きに行く日取りは意外に早いタイミングで実現しそうな気配も感じられたのです。

「霊能者」 にしれ見れば 何処の誰なのかも分からない無名も地理も知らない輩の事前調査など考えられないのだ。

あるはずがなかったのだと実際に「霊能者」と遭ってみてそのことは分かったのです。

巫女の仕事・? 依頼されたお客の先祖を呼び出して現実の依頼人に伝えるのは一日二人迄なのだそうです。

それ以上は疲れて身体が思うようにならないからだと言うことでした、此のことは実際に霊能者に遭った時に「霊能者」本人の口か直接きいたことです。

訪問の約束をした日に「霊能者」宅を訪ねた。

我々が「霊能者」宅に着いた時にすでに先客が居て、「霊能者」と何やらお話をされている所でした。

我々が着くと「霊能者」の家族の方から待合室に案内された。

待合室と言っても、なんお飾りもなく、オドロオドロ所もない普通の民家にある8畳の部屋でした。

先客の方が終わり、我々の番が来ました「霊能者」が我々をこっちの部屋に来るようにと言われて、通された部屋も、民家の10畳ほどの畳の部屋で、奥に祭壇らしき飾りがありそれでもサッパリとした雰囲気の部屋でした。

「霊能者」の服装は、特段の飾りもなく、チョット外出してきますと言うような恰好です・!

何やら、祈祷も終わりこっちに向かった「霊能者」の第一声は・何時の仏様かネエ-と言われて実母の命日を伝えたそれだけで祭壇に向き直り、祈祷を初めてまもなく・・?

「霊能者」と私のやり取り!

「霊能者」が・・ アノォ-  仏様は浴衣姿に見えるがノー  私 はいそれは棺に納めるとき白衣装は浴衣の上に掛けただけで袖を通していないのです。

「霊能者」 ハハ- それで分かった・・・! 私・・・・?「霊能者」が祭壇に向かって祈祷を始めた・・アノォー 仏様は何か小さい手毬のような物を手に持って・・楽しい・・楽しい・・と 言っているが ノォー 私 それは、母が自分で作った ピンポン玉くらいの御殿まり です!「霊能者」 ウンウンとうなずいて、これで分かった そーなの カァー!

 

「霊能者」 続けて言うのには 「仏様」 は タダ 面白い面白いと御殿まり・?で遊んでいるが ノォー 

私 ハィ とダダ唖然として 頷きながら ただ驚き空いた口が収まらなかった。

祈祷が終わった時に「霊能者」とお話をする事が来たので 実母 の浴衣姿と御殿まりの話をさせてもらった。

浴衣姿の事は 「病院」で旅立ったので家まで連れて帰り、翌日に棺に納めるときは硬直していたので姉たちがそのままでいい、今更着替えなどしなくても良いと言って浴衣の上に白衣装「旅装束」を掛けただけだったのです。

「霊能者」それであのようにみえたのですか ノーォー  ・・・・!

葬儀の前日がこうだった!

御殿まりの事は 私と義姉 しか知らない事ですが・・それは明日の葬儀なので全てやる事は終わって雑談の時、義姉が私に、チョット手伝ってくれと ソット 手招するのです!

明日お寺で来てからはそんな暇などないとおもうので、今のうちにお棺に入れたい物があるから祭壇まで来いと言う・・・?

義姉にしてみれば姉達には話し難かったので少しは一緒に暮らした事のある気楽に話すことの出来る 俺 に言ってきたのです。

飾られてある 御棺 をどかして実母の箪笥の中からピンポン玉くらいの「御殿まり」を2ヶ棺の蓋をあけ母の顔の脇にいれたのです。

作りかけの「御殿まり」もあったのですがそれは入れないで御棺の蓋をしめたのです義姉と確認したことでそれ以外は誰も知らないことなのですと「霊能者」に伝えた。

おわりに
本物の「霊能者」を見たし 話した どこにでもいそうな「おばさん」と言うような雰囲気の方でした。

煌びやかなところも全くなく それでいて 相談者には的確な情報・?
旅立った先の様子も教えてくれる・・・?

本者の「霊能者」は あのような方を言うのでしょうか・?

本当に あの世 が見えている「霊能者」は質素でどこにでも居そうな特別にかざるこもないのだと 今回本者の「霊能者」に実際にお会いしてなるほどと納得致しました。

.