罹災した事はありませんが・もしもが・自分に起こった時その時あなたはどうします・?

火災ときいただけで、またかと思う人がほとんどだと思うのですが、実際に火災の現場を見たことがある、又はその場にいよと言う方もあるでしょう・・・・?

私は、知り合いが火災に遭いその火災現場にかけつかた時ももありますが、その場を見てしまうと心臓は高鳴るし何日も頭からその光景がはなれなくなってしまうのです。

テレビでは何月何日に何番地の住宅が火災に遭いました・? 火災の原因は現在調査中ですとアナウンスはされます・・が・・!

人の不幸、大変な事はテレビ、新聞などで報道はされますが・・? どこかの新築されたお家が今日完成いたしましたと言うニュ-スは聞いた事がありません・・・?

自分の大好きな青森のお笑いタレント・・?? 「伊奈かっぺいさん」 のお笑いの公演の中で言うのには誰も聞くみみを持たないのだよ! と言う話をすことがあったのですが、爆笑のなかの話なのでウンウンとは聞いていはいました・・言われてみれば・○○員のボーナスは何月何日に支給されるそうで今回は○○ヶ月の支給になりそうです・・・!そんな話はどうでもいい話で聞きたくもないのですがなぜか聞こえてくる!

人の不幸話しはどうして聞きたくなるのでしょうか・・!

自分に関係のない話しになると、どうして聞きたくなるのか・・スタ― の結婚、離婚どうでもいいのですがなんとなく耳に残ってしまう。

それは今の自分に関係はないし、人の不幸は、なにもしてやれないのですが、自分んでなくてよかったと、興味だけで流されるからなのだろうか・・?

自分の不幸「災難」はどう解決するか?

他人事ではないことが・実際に自分の家だけに起こった出来事を想像して見るととんでもないことが後始末、事後処理がに起こってくるのです。

それは運悪く火災などに遭ってしまった時、交通事故等に遭ってしまったときのニュースは流されますが、先日起こった火災で罹災されたお家の方々は、先日の交通事故の被害者は今日は元気にしています・・!と言う報道はきいたことがないし他人の喜びは見たくないのかも・! 妬みかもしれません!

運が悪く大災害に遭われた方々にはお気の毒で何にも言えないのですが・・大災害の場合は公共機関が出来る限りの最大限の後始末応援とその後を手伝ってくれるのですが・・自分の家だけとか、隣と自分の家だけとかの災害になった時は出来事の報道はされますが・それだけで終わり。

なにが「言いたい」のか・・?

自分の家が実際に災害になってしまった時、その時は無我夢中で「消災」をするのでしょが?万が一 不運にも自分の家がなくなっていまった場合の時です。

他人の罹災報道にはその時だけ、大変だ「ネー」とはおもうのです次の瞬間はテレビの前でお茶を飲んでいる・・リラックスしていられます。

災難で家をなくすことは・・その日のその時から・行くところ寝るところはないのです・!野宿??または親戚の家に避難する、ニュースで見たときはその時だけですが、実際に遭遇していまったときはその時その時間からがたいへんなのです、もし吹雪の日にそんな目に遭ったどうしますか?

災害に遭われても、土地は流されませんし焼けますが消えることがない、でもその時間からユックリ休むところ椅子に腰を下ろすところもなくなるのです。

火災保険に入っているだろうから・・・?

今時の火災保険で火災だけ・・・保険料を安くしたいから余計なものいらな出来るだけ簡単にシンプルなもでいいからと火災保険を考えていませんかと言うのです。

火災とか災害に対して「保険」株式会社の保険か 共済保険かに入っていれば、損害に対して補償金は出されますが、復旧するまでは・・・一週間で元の状態に戻ることなど考えられないし復旧するまでの住まいをどうするのか・・!

なんでもかんでもすべて補償されますと言う保険であればいいのですが・今日からの住まいたった今から身の置ける場所もなくなるのが災害です。

災害でない場合は全て自分持ち・・保険でなんとかなるのは後の事、今すぐ今夜の寝床は何処にするか、再築をすぐにしてもらっても、最大6ヶ月は必要ではないでしょか?

その間、貴方の身体を休める、寝る、生活の場所は・?ホテル、旅館・・!それも半年は無理でしょう!

こんな時の為に加入していた「保険」が頼りにおなのですが・・・!

災害時の補償内容に臨時費用補償があるとおもうのですが・・保険会社、共済制度でも本体に付属してつけることが出来る「臨時費用」と言う特約があります、その制度は特約なので別に希望で本体保険につけるものなのですが、つけなくても保険はかけられます(今はどうか)

この火災保険の「臨時費用」の制度 特約が・・・生きてくるのです。

お家の再築が完成するまでの家賃、一軒家またはアパートを借りて自分の住まいが完成すまで過ごす生活の場所の費用などに使えるのです。

但し単体では入れない!

★ 火災保険では・特約に入っていれば保険本体損害の10%相当の補償がされます、が特約と       ありますから、特約部分の保険料は掛かります。

★ 共済制度では・共済金の20%が補償されますが本体共済に追加ですのでその部分の共済掛金は掛かるのです。

火災保険は全て同じではないはずですし、一軒一軒全て違うのですから、面白半分で、NETなどで調べて高いの安いだのといと疑わないで、実際の相談をするべきです!

隣のお家と貴方の御殿は、大きさも、作りも全く違うのです、火災保険の掛け金も当然違うのです、その辺を良く考えてみましょう!

おわりに

今時の保険であれ共済であれ、ひと昔前の保険でいいのだと言う方はそんなに多くはないと思うのですが、人ごとではないのです、「昔からけがと弁当は自分持ち」よその世界と思わず、自分の今の場所が保険の制度から見てどうなのかを・保険会社・共済制度に確かめてたらどうでしょうか!

保険料の掛け金のどこが安いかどこが高いなどではなく、今の自分は保険会社・共済制度から見てどうなのかを是非相談してほしいと思います。

保険会社・共済制度に加入されている方はどうか詳細に自分の家の災害補償についてジックリ聞かれてはどうでしょうか

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です