交通事故の処理で「弁護士」費用は!

自分から進んで交通事故など起こす人はいないと・・性善説・怪しい!

歩行者と自動車で歩行者にケガを負はせた様な時は、今の法律では、アタリヤ?飛び込みでもなければ一方的に自動車が責任を負うようになっているようです。

自動車損害賠償保障法(昭和30年)作られた法律で毎年少しずつ書き換えられていると思います最近では「煽り運転」なども加えられてきました。

交通事故でどっちが悪いか良いのかの判断は? どっちも加害者でどっちも被害者になることです、どっちがどのくらい悪いか・?  の判断は保険会社の事故処理担当者にお願いするのが一番いい方法ですが・・・!

それでも保険会社の事故処理担当者の采配になっとくが行かなければ・! 早い話が裁判と言う事になってしまう・・・!

確かなことは分かりませんが・・?

事故の当事者が今回に事故解決にどうしても納得がいかないと「ごねる」ようなことになれば保険会社が事故相手の保険会社と協議をして弁護士に相談に相談をしているときいたことがあります・・・また聞きですから・・?不安ですが・・!

起こった事故で一方的に「すごんで」くるような時などは保険会社の事故処理担当でも解決がつかない・本当は納得しないと交通事故処理が長引き、事故当事者の心の負担が増すばかりと思うのですが・・交通事故で「ごり押し」してくる事故の相手も結構あるのだそうです。

保険会社は関係ない! 

保険会社と関係ない、貴方が今回の事故をどう処理するのかなのだと・・・・!

こんな状態「解決」が出来ない・・保険会社も関係ないと一方的に事故の相手がまくしたてるようなときは「保険会社」もどうしようもない相談も出来ないことになる・・こうなると解決は、一方的に凄んでくるのに負けて、交通事故の損害額とは別に金銭の追加をしたと聞いたこともありますが・・?

交通事故の後始末が出来ないで保険会社も「さじ」を投げるよなこになったらどこに相談をして解決が出来るのは、途方くれてしまいます。

最近はいろんなところで相談はできますが・・どうでしょう交通事故の処理で公的機関に駆け込むのも・・保険会社も絡むことなので善良な方は公的な機関にはいきずらい人もいると思うのですが、考えすぎでしょうか・・?

自動車が任意保険に入っていれば「ご心配無用です!」

単独の弁護士費用保険も販売されているようですが、「普通の人でしたら」よほどのことが無ければ弁護士にお世話になることはまずないでしょう。

しかし車社会の今は自分の意思に関係なく「言い過ぎか」他人に多大の迷惑を、便利さと裏腹にあるのです。

人が動かす自動車です、ブレ-キとアクセルの踏み間違い・・?自分の考え・?「記憶」と違う動きで全く関係のない人にケガを負わせる、または物を壊すことだってあるのです。

そんな時に助けて戴けると思う「弁護士費用等補償特約」があるのです、自動車の任意保険に入っていれば、今の保険は特約の追加保険料は必要ないのです「弁護士費用等補償特約」自動車の任意保険に入って付いてくる「弁護士費用等補償特約」自分の自家用車の保険をもう一度確認してみたいものです、安心して栗真の運転が出来るようにです。

さいごに

おわりに、まとめると煽り運転で事故になる、警察に届けなくぃで事故の解決をしようとするととんでもない方向に話が飛んで行ってしまうこともあるようです、それは貴方負い目につこっで来る相手が保険に入っていないことを、いいことにとんでもない要求をしてくるときもあるそうです、いたましい愛車です、どんな時でも、どんな場合でも解決できるように、任意保険の確認しておきたい。

単独で弁護士にお願いしたときの費用は「相談料」1時間1万円となるようです、成功報酬は別に発生するようです。