今でも不思議着て居る「コート」全体が光った!

あれ以来同じような現象に遭ってはいません!

今から60年も前の話ですが・・山も川もなくハラッパだけが広がっているようなところで不思議な現象など起こる要素など考えられないよなところでそれは起こりました。

時間は夜の8時30分ごろに最終列車になるようなド田舎の無人駅でおこりました、ボタ雪が間断なく降る日の最終列車が無人駅を離れてみえなくなったその時に自分が着ている綿のオ-バ-コート全体が光り出したのです。

造り話にしては出来すぎで面白くないのですが、これは本当に自分が体験した話です。

信じるか信じないかは別にして!

最近は通勤もしていないし移動はほとんど自家用車になるのであのような経験は出来ないと思うし、いかにド田舎といえども今は相当に野外の照明も行き届いているので考えられない。

家から無人駅までは!

自宅から無人駅迄は直線で 約1キロほどの距離ですがその途中の道路は何の邪魔ものなどない全くの一本道で冬のさなかは遠くの明かりを頼りに歩くことしかできず、又その道も馬の背と言われるような細くて対面する人が来ればョット脇の雪原を踏み固めて通り過ぎる?交差しないと歩けないような道なのです。

そんな馬の背の上の一本道ですからチョット踏み外せば長靴見えなくなるほど雪原にぬがってしまい長靴にがっぽりと雪が入ってしまうのです、そんなことになればその場で片足になり雪のガッポリ入った方の長靴の雪をはらかないと冷たくて歩けなくなるのです。

片足立でフラフラしながら靴の雪をはらくのですからチョットバランスを崩してしまえば靴下がヤットはけた頃その靴下のまま、またもや雪の中に踏み込んでしまうのです「二次被害」になってしまうのですがそれがとても冷たくて痛かったのを今でも思い出します。

ポツンと無人駅

そんな情景です,無人駅の周辺で一番近い集落までは1キロほどの距離があり無人駅の周辺には何にもなく線路の片側にポツンと建物「ホーム」が一ヶ所あり、灯かりは60wほどのはだか電球がの白い傘の下に灯っていた、灯かりはそれだけでした。

遠くには「火葬場」があるのですがそれも相当離れてはいましたがその当時は野焼きの火葬場でしたから葬儀があったそんな日の夜の最終列車はとくに寂しかったし嫌だった。

出来事のあったその日は・・?

「コート」の全部が光ったその日は、最終列車で寂しくボタ雪が間断なく降る日で遠くの火葬場も氣になりながら降りたのは珍しく自分一人だったのです。

その当時はやっていた外縫いの皮手袋てボタ雪の中を家に向かって馬の背の一本道を歩き始めた時、外縫いの皮手袋の左親指の先の手縫いの糸が少し出ていたので口でくわえ前歯で切ろうとしていた時その親指の先端がボ-ット光るのです・・?

手袋の先端が光出した!

今でふうににいえばテレビアニメの映画で蝋燭の火がボーット燃えているような感じになったのです・・?

アレッ・・?手袋の先に光・? 目の錯覚なのか まさかツバが光ったのかと不思議にもう一度前歯で切ろうとしてくわえてもその光は消えないのです・・?

すこし驚いて左の外縫いの手袋をコートで払いて消そうとしたところ今度はコートの払ったところが光出した・・・・今度はまともに驚きほううとうに恐ろしくなってきた ・?

まさか・・! これはナニッ?

もう一度光っている手袋でコ-トの光っている処を払っても消えないしそのが今度はコート全体に広がりだしたのです ! 

自分一人しか降りない寂しい無人駅で身体全体が光出す「ナニコレッ」どなたかもう一人でも一緒に無人駅で降りていたのであれば面白半分で若気の至りで騒いだのでしょうが、今は運悪く自分一人原っぱの中で右往左往するばかりで若さもなにもあったもんではなかった。

馬の背の一本道をヨロヨロしながら無我夢中で集落に向かって走ったのですがそのみちは凸凹で滑り思うように走れないながらも間断なく降る雪のなかを必死で走った「急いだ」のでしがその光は消えなかったのです。

どうにかうす暗い集落の端にあるボンヤリしたはだか電球の灯っている電柱にたどり着いたときにヤット気味の悪いその光が消えたのです。

現象的には簡単に科学で解決できることなのでしょが・・? その当時は幽霊だの魂だのがまことしやかに話題になるころです、ド田舎の周辺は田んぼだけで障害する物もなく夜は薄暗く村中を歩くのにも懐中電灯か蝋燭の提灯でも持って歩かないとなにかにつまずいて転んでしまうよな時代ですから、寒い雪の降る日の夜着ていた「コート」が光出した時は怖さと驚きで夢中で暗い街灯のある電柱まで走って行きその光から逃げたかったのです

終わりに

どうにか家に着いて、今起こった話をするとそれは「狐のよだれ」? ではないか・・? ミノムシの卵・?が付いたのではないか・・? と・?・解決などなかった。

昭和30年代の話です映画も「総天然色」が流行り出したのですが、チャンバラの時代劇を白黒で見られたそんな時はリアルなカラ-よりも怖かった、夜道は一人で歩けなかった。

部落の集会場で白黒の「チャンバラ活動映画」を見た帰り道は集落の中が一番怖かった、当時の夜は漆黒の闇だったから。

それでも晴れた日の夜の空に「天の川」だけは本当に綺麗に見えたものだった。

霊能者亡き母を語る,あんまりにもリアルで驚いた・?

まさかの連発に驚き!

40年ほど前に実母が遠くに旅立lったその後!

何処でも同じことなのかは 分かりませんが春彼岸には良く「巫女」さんにご先祖様を出してもらい話を聞くという 風習があっりました。

旅立った「実母」に近い年齢になると・・なんとなく「霊」「魂」あの世などの言葉がいつも頭の片隅に出てくるようになってくるのです。

又聞きの話でしたが・?・

「巫女」さんの話が 自分に飛び込んできた!
その巫女さんは、自分が生まれた所からは相当に離れた距離に在住しているとの話だった。

自分が住んでいる場所から 巫女さん「霊媒師」の住まいされているところ迄の距離は相当に離れているのです。

自分が生まれたところから 巫女さんの住んでいる所まではこれまた相当の距離にあり離れているのです。

そんな距離、遠くで離れているしその地名も知らない所に「巫女」さんは住まいしているというのです。

凡そは分かるのですが、風の便りで聞いた巫女さんの各確実な住所は地図を飛来て調べないとそこまでは行くことが出来ない不慣れな初めて聞く住所なのでした。

なにを言いたいのかと言うと、テレビで一時期報道された「霊媒師」の嘘か誠かテレビでしょっちゅう見ている有名なタレントさんを相手に先祖・?か何かを話す番組があった・・・?

その番組で・・・人気だった「霊媒師」の後日談があった・・そういわれればあの番組がよほど前から見られなくなった・・?

番組か霊媒師か 批判はいくらでもあるでしょうし その批判を馬鹿気た話だと言い切れない噂話がが聞こえてきました・・?

それは・!

霊能者が次に見るであろう! 次回の番組で応対するであろう予定者を事前に調べていたと言うのです・・?

エッ!
それは事前の下べ調査?が済むと番組が放送をしたのだと言う事なのか・?

どちらにしても、話の話に過ぎないのですが、この噂話には ウ-ン とうなずいてしまった

巫女「霊媒師」 亡母を透視する。

自分がこれから、地図を頼りに行くであろう「霊能者」がこんな自分の事前調査などしたところで銭になる話ではないし、霊能者の話を聞きに行く日取りは意外に早いタイミングで実現しそうな気配も感じられたのです。

「霊能者」 にしれ見れば 何処の誰なのかも分からない無名も地理も知らない輩の事前調査など考えられないのだ。

あるはずがなかったのだと実際に「霊能者」と遭ってみてそのことは分かったのです。

巫女の仕事・? 依頼されたお客の先祖を呼び出して現実の依頼人に伝えるのは一日二人迄なのだそうです。

それ以上は疲れて身体が思うようにならないからだと言うことでした、此のことは実際に霊能者に遭った時に「霊能者」本人の口か直接きいたことです。

訪問の約束をした日に「霊能者」宅を訪ねた。

我々が「霊能者」宅に着いた時にすでに先客が居て、「霊能者」と何やらお話をされている所でした。

我々が着くと「霊能者」の家族の方から待合室に案内された。

待合室と言っても、なんお飾りもなく、オドロオドロ所もない普通の民家にある8畳の部屋でした。

先客の方が終わり、我々の番が来ました「霊能者」が我々をこっちの部屋に来るようにと言われて、通された部屋も、民家の10畳ほどの畳の部屋で、奥に祭壇らしき飾りがありそれでもサッパリとした雰囲気の部屋でした。

「霊能者」の服装は、特段の飾りもなく、チョット外出してきますと言うような恰好です・!

何やら、祈祷も終わりこっちに向かった「霊能者」の第一声は・何時の仏様かネエ-と言われて実母の命日を伝えたそれだけで祭壇に向き直り、祈祷を初めてまもなく・・?

「霊能者」と私のやり取り!

「霊能者」が・・ アノォ-  仏様は浴衣姿に見えるがノー  私 はいそれは棺に納めるとき白衣装は浴衣の上に掛けただけで袖を通していないのです。

「霊能者」 ハハ- それで分かった・・・! 私・・・・?「霊能者」が祭壇に向かって祈祷を始めた・・アノォー 仏様は何か小さい手毬のような物を手に持って・・楽しい・・楽しい・・と 言っているが ノォー 私 それは、母が自分で作った ピンポン玉くらいの御殿まり です!「霊能者」 ウンウンとうなずいて、これで分かった そーなの カァー!

 

「霊能者」 続けて言うのには 「仏様」 は タダ 面白い面白いと御殿まり・?で遊んでいるが ノォー 

私 ハィ とダダ唖然として 頷きながら ただ驚き空いた口が収まらなかった。

祈祷が終わった時に「霊能者」とお話をする事が来たので 実母 の浴衣姿と御殿まりの話をさせてもらった。

浴衣姿の事は 「病院」で旅立ったので家まで連れて帰り、翌日に棺に納めるときは硬直していたので姉たちがそのままでいい、今更着替えなどしなくても良いと言って浴衣の上に白衣装「旅装束」を掛けただけだったのです。

「霊能者」それであのようにみえたのですか ノーォー  ・・・・!

葬儀の前日がこうだった!

御殿まりの事は 私と義姉 しか知らない事ですが・・それは明日の葬儀なので全てやる事は終わって雑談の時、義姉が私に、チョット手伝ってくれと ソット 手招するのです!

明日お寺で来てからはそんな暇などないとおもうので、今のうちにお棺に入れたい物があるから祭壇まで来いと言う・・・?

義姉にしてみれば姉達には話し難かったので少しは一緒に暮らした事のある気楽に話すことの出来る 俺 に言ってきたのです。

飾られてある 御棺 をどかして実母の箪笥の中からピンポン玉くらいの「御殿まり」を2ヶ棺の蓋をあけ母の顔の脇にいれたのです。

作りかけの「御殿まり」もあったのですがそれは入れないで御棺の蓋をしめたのです義姉と確認したことでそれ以外は誰も知らないことなのですと「霊能者」に伝えた。

おわりに
本物の「霊能者」を見たし 話した どこにでもいそうな「おばさん」と言うような雰囲気の方でした。

煌びやかなところも全くなく それでいて 相談者には的確な情報・?
旅立った先の様子も教えてくれる・・・?

本者の「霊能者」は あのような方を言うのでしょうか・?

本当に あの世 が見えている「霊能者」は質素でどこにでも居そうな特別にかざるこもないのだと 今回本者の「霊能者」に実際にお会いしてなるほどと納得致しました。

.