鏡に見えた「影」魂・それとも・霊・?

妻が毎日覗き込む鏡に異変が起こった・・・??

毎日化粧の為に低めのボックスに置いて化粧の時に眺める鏡なのですが、ある時にどうもおかしい鏡がなんとなく曇っている、毎日覗いているに最近はなんとなく白いモヤモヤが出てくるので鏡の手入れでも悪いのかと思い磨くのですがその曇りが取れない・・・!

偶然なのかどうかは分かりませんが、筆者が心臓の手術で入院しているときだったので、なおさら気にかかったし、 不安に思っていた。

筆者が病院に入院中だったのでなおさら不安がつのり筆者に言った方がいいのか言わずにいたほうはいのか迷ったが、入院中の筆者には言わずにいたそうです。

そんな時に筆者の近くの飲みグル-プの一人が「胃」の手術で入院していたのですが手術は成功してまもなく退院となっていた。

話が前後してしまいややこしいくなっているので少し整理してみます。

飲み友達の手術は筆者が心臓の手術で入院する日にちが決まり2日後に入院となっていた時に手術成功で退院していた。

退院した飲み友達の自家用車を遠くに見た筆者は入院の2日前だった。

少し氣の早い飲み友達に会いにも行けずただ自分の入院の段取りと気持ちの整理の真っ最中だった。

筆者の入院2日前飲み友達が目立つ色の乗用車で買い物に行く乗用車を羨ましく眺めていたのです。

飲み友達は手術が成功して退院しているのに筆者はこれから入院でその手術も成功するのか失敗するのか不安のど真ん中にいた不安のてんこ盛りでいた。

自分は入院し病院で自分の手術の日の為に毎日検査けんさで隔離状態になり病院からは一歩も外にでることさえ出来ないで暗くなっていた。

どうにか自分の手術が予定通りに無事に済んでホットしながらも今度は退院に向けて「リハビリ」をするようなところまできたそんなある日、病院に来たに妻が変なことを言うのです。

毎日わたくしが使っている、置き鏡がなんとなく曇りふき取ってもその曇りが消えずその曇りの中に白い人のような物がウッスラト写って見える・・・・・という  ???

すこし不気味なのでその鏡にハンカチをかけてきた・・・・! と言うのです。

筆者の手術ごに異変など起こったらと・・? なにものかがウッスラト鏡に映る影を筆者の異変に結びつけて考えてしまい、入院中の筆者に言ったらいいのか言わずに置こうかと思ったり心の中でモヤモヤしていたんだそうです。

それでも筆者の退院の日にちも決まって安堵していた時に病院に来た妻が筆者に「鏡」の事を話してくれたのですが筆者は「フゥン-?」で聞いていました。

まさかの「坂」が起こった・?

筆者が退院する2日前の出来事は本当に「まさか」の坂が起こってしまったのです。

今迄不気味な「鏡」に写るえたいしれないものが写らなくなった。

病衣に来てくれた妻が・!言いにくいのですがと言って、今日の新聞のお悔やみ欄にあなたの飲み友達の〇〇さんが載っていた・? ヨッ・・・・? 絶句!

手術が成功し退院していた〇〇さんが急変し再度入院した事を退院してから回りの友人に聞いてまたもや驚いたんです。

鏡に飲み友達の〇〇さんが思いが写っていたとは思いたくないのです。

おわりに

妻は、どちらかと言えば霊感がよその人よりもあるのではと思われるのですがまさか鏡に何者か不明なものが写るとは、ましてそのタイミングが筆者の飲み友達が再度の入院で旅立ったその前に見え始め、そのモヤモヤが見えなくなったのも旅立ちの日時と重なるとは・? 思い過ごしの何もでもないのでしょが、今でもふしぎです。

それ以来我が家の鏡にはなんお異変も起こていません。

真夜中に「金縛り」に会う妻!

公立病院の看護師をしていた妻が金縛りにあうと翌日に院内で異変が・??

今は退職をしているので「金縛り」にあうことも無くなりましたが看護師の現役の頃はしょっちゅう「金縛り」にあうのです。

現役で勤務していた頃の準夜勤と言っていた夜勤で真夜中の2時か3時ころに帰ってくるのですが留守の形になって家で帰りを待っているいるダメ亭主もねることが出来ず、帰ってくるを待ってからヤット就寝となるのです。

妻は疲れてすぐに寝るのですが隣に眠る留守番亭主も眠りたいのですが眠りが浅くすぐには寝付けなくお休みまでは少々時間がかかるのです。

疲れていても寝る前に今日病院で起こった出来事などを少し話してから寝るのがいつものパタ-ンになっていました、特に夜勤の日などです!

病院の仕事には関心のない聞き役のダメ亭主でも院内の出来事を聞くとその日はなかなか眠りに入れない時が多くある。

今日院内で‥〇〇さんの脈がどうだとか呼吸がどうだとか言われてもそんなもんかナ-ぐらいに聞き流しているのが夜勤時の常となっていた。

なかなか寝付けない!

院内の出来事などの話を聞いても 俺は男だ ❕ とカラ元気をだしても真夜中になればトイレに行くのも寒い感じのするときがあるのです。

結婚前はそんなことはなかったのですが、夜勤と言う職業のある人と一緒に暮らすようになってからはなかなか寝付くのが苦手になってきたように思うのです。

一緒に暮らすことを考え始めた頃から「看護師」と言う職業・・・病院と言う職場の事・・?楽しくて病院に行く人は考えられないし・・? とすれば・・病院は入る時は苦しいとか痛いとがで人の故障でお医者者様に診てもらい入院か・通院か・・または「あの世」に旅立つのかどっちかになるんだ。

退院であれば ❣

めでたく退院であれば(大半の入院患者)ヨカッタ、良かったと言う事になり大変結構な事ですが・・?

正反対の方もそれなりにおいでなのだと思うのです。

夜勤帰りで家に戻り・・? 話す内容は職業でなければ何とか避けていたい話が多くなるのも当たり前なのです。

ある日の夏、夜勤を終えてイザ就寝という前に〇〇さんの病気だいじょうぶだったろうかなどと話した後に・・・?

では寝るかと目をつむるのですがダメ亭主はなかなか寝付けない、夜勤帰りの妻はまもなく寝息をだして気持ちよさそうに寝てしまいます。

疲れているんだと、少し高い寝息も我慢しながらダメ亭主も頑張って? お休みなのですがあるとき、寝息では少し変だなッ と思う様な息使いの音(声)・・? 

寝息とは違うし・・・? 声をかけて起こそうとしたのですが、起きる気配がないし寝息と違うなさり声になっているようなので、寝ている妻の足を蹴っ飛ばしてみたところ・・・?

もっと早く起こしてくれればよかったのに・・?

なんでそんな寝息なのか・?

もっと早く起こしてくれれば ・・・と言われても疲れれいるんだろうからユックリ眠ってほしくてソット声をかけたのに、もっと早く起こして売れればとは・・・・?

何とその時、妻は「金縛り」になっていたのでした。

ア- 苦しかった・・? これはキットあの患者さんに何か異変があったんだと思う・・・!どうにか夜も明け休みも終えて日勤となった日に勤務を終えてダメ亭主に言うにはこの間私うなされていたでしょう・・アㇾ ヤッパリ 〇〇さんがあの日亡くなったんだって  (*_*) そんなことがあってからは妻の寝息異変ですぐに足を蹴とばすよになったし, 隣に寝ている妻もそれでいいというのだ。

おわりに

幽霊とか霊魂とかサマザマに聞いたり書籍で読んだりしてみいますが、自分には全く関係のない世界と思っていましたが、看護師と一緒に暮らすようになってからは隣にそんなことが起こるのです。

がそれも加齢とともに消えて行くようです。

魂・?あの世の世界は自分の場合頑張って見られるものでもなかったし研究しても理解の出来るものでもなかった、ですが自分以外ではあるのです。

こんな世界もあるようです ❕ http://the-cosmology.com/