元金3万円で「Eワラント」に手を出した結末は?

素人はそれなりの勉強をしないと・・!「投資の世間は甘くない」

元証券会社マンが語る元金を3ヶ月で100倍にする方法とインタ-ネットで販売されていたのを見てすぐに「儲かる」ノウハウを買ったのです、ソフトを買った金額などはすぐに帳消しになるし逆に儲かってしまうのですから手を出さないのが馬鹿だ・・・!と思ったのです・・?

この「ノウハウ」を何万人も見ていることに気がつかず自分一人がこの「ノウハウ」を見ているし早く買わないと・・・・・?

言い方に誤りがあるのでしょうが自分の場合は6ヶ月で大切にしまっていた「虎の子」全てが消えました・・・!

ワラントはなんとなく「FX」に似ていると思った。

二アピンワラント・・・!と言う売買方法もありました、でも「ゴルフ」はやらないので止めたのですが自分が思った二アピンワラントは・・・! 丼にさいころを入れて勝敗を決めたように思われて何かスッキリしないところがありましたが・・? 全て「儲け」の為の一里塚でこれはすべて経験をしてからと「二アピンワラント」にも挑戦してみました。

その時すでに手持ち金の4分の一は消えていました、ワラントに挑戦し始めたのがある大手「薬品会社」の株式を買ってみたのです(値上がり)目論見で!

まともに大手の薬品会社の株式売買に手を出せるほど自由に動かされる金は持っていなかったし株の売買で大損をし田畑(財産)を全て売り払い夜逃げをしたとか・・?

株の売買の失敗で返らぬ人になったんだそうだと言うよないイメ-ジの悪いうわさ話など何かと印象が無かったのです。

それでも怪しい物?にはなぜな惹かれる!

少額で、しかも3ヶ月で100倍の利益と言われれば「ダメだこれ!」のブレ-キよりもイケイケ温度の音楽が相当いかれた頭にもガンガンと響いてくるのです。

それが「ワラント」売買の始まりでした。

ワラントは株卷を求めるより遥かに少ない金額で大手メーカ-の株に手をだすことが出来るので・・・株券の100分の一ぐらいの金額で売り買いが出来るのですから・・?貧乏人が、たとえ失敗しても少ないやけど、貧乏焼けで済むのかと思うのも素人の浅はかさでした・・?

博打と同じとは言いませんが、素人が手の出しはじめは何か不思議と良い思いからスタ-トするのです・・?

なんとなくへんてこな「希望」が見えてくる「錯覚」を起こしてしまうのです。

それほど既存の「鉄だま」遊びで悔しい思いをした反動が出てくる、今度こそは・・と・・!

そんな状態で脇目も振らずに、今度はやややこしい金銭売買に手を出すのです。

世間の動きを見るわけでもなく、株式の動きを調べる訳でもなく目の前の数字だけを追いかけて、今度はこのくらいの利益を出してみようと「取らぬ狸の皮算用」を始める・・・相当頭の中が沸騰していました。

利益みたいなことが起こる

素人の間違いは、始めの頃だけはなんとなく儲かる、これが最低単位1円でも天地がひっくり返ったような思うになるのです。

少しでもプラスになるのですから・・今度はこうするともっと利益・・「儲け」がでると思い込んでしまい回りがみえなくなるのす。

何をどう間違えたのか、見たことが無い「スズメの涙」・・?ほどの「+」なのです今迄パチンコ スロット などで大損をしていた頃から見れば「利益」が出たのですから飛び上がるし舞い上がるのが自然なのでした・・?

今はワラントをやめたのでその時の「利益」儲けは忘れてしまいましたが、かすかに思い出されるのが、投資金額の10%は利益として目に見えていたはずです。

ワラントの売買の始まりは5000円からだったはずです。

始めて間もなく 5000円が5500円になったのです・・これには驚きました「ヨシ」と思ったのは言うまでもなかった。

追いすぎて深みにはまる!

ヤッパリ素人は深みにはまってしまうのです、僅かの利益で全てが消えてしまう始まりが・・夢よもう一度で、大手薬品会社で得た利益ともとでを掛けて今度は全然知らない聞いたことも無い、会社の株式「ワラント」を買ったのです、その訳は株価が急上昇していたので「コレハ」とすぐに飛びついた・・・!

途端に値上がりなどせずに横ばいの取引が来る日も来る日もそんな状態がズ-ットつづくのでです。

その時はし少しの損をして横ばいの株式を売った、 FXの損切を思い出さっさと損で打ち切をしてこの次こそはと、恰好つけて損をした。

此のくらいの損は、ワラントの買いはじめで儲けたことを考えればすぐ取り返せると錯覚を起こし今迄の倍・・2万円のワラントで聞いたことの\ない会社の株式の売買をした。

転がるのが意外と早かった!

損が始まるとすべてをなくするのは意外と早いのでした、FXの儲け話の中に、 自分が買うことを誰かが見ているのではないのかと思うほど必ず損をする・?

そんな話を思い出しながら損を重ねるのです。

そんな時は、すこし休めばいいのに目の前が見えなくなり「鉄の玉」を追いかけたようにカッカしてしまいこのさいだと,ワラントの買いはじめに儲けた薬品会社の株を再度買ったのでしたが?

「柳の下」にドジョウはいなかったのです、持ち金すべてを無くするの嫌だったので、ここでも恰好つけて・・・・? FXの開設にあるよに、またもや損切り「売買」をした・・?

なんとなく嫌いだった「二アピンワラント」

締切日に買ったか株式価格が設定した価格に近いほど損はなくななり、設定価格の範囲内に設定した株価が収まれば一ワラントあたり100円の利益が出るのですが設定範囲から外れると・・これがなんと0円になり元金もなにもかもが消えてしまうのです。

怖いのですがそれだけ「魅力」が・・そのときはあったのです。

それでも魅力だけで「証券会社」に軍配は上がったのす。

まとめ

誰でも儲けたい稼ぎたい気持ちはもっているのですけれども自分で研究もしないで損もしないで儲けることなどあるはずがないのに、そんな言葉を見るとフト?その言葉に連られてしまうのは、普段何かと「煌びやかな」ところでなどで損をしているからなのだと分かった。

これをやったら必ず「損」をします!・・このノウハウ今なら先着10名様に通常の半額で販売します、但し今日から3日間の販売です・・・?こんなノウハウに手を出すアホーは自分くらいと思うのです・・・何が言いたいのかと「損します」と言ってノウハウを売るめでたい人は居ないと言う事です。

誰でも簡単に・・・これはにはよくよく考えてとびこんだ方が良いのだと、今一度そのノウハウから離れて見てそれでも「イイ」と判断するのでしたら自己責任で行きましょうか・・!

椎茸の出ている所は「息子」にも教えない・と・言う話を聞いたことがあります・・・!

鏡に見えた「影」魂・それとも・霊・?

妻が毎日覗き込む鏡に異変が起こった・・・??

毎日化粧の為に低めのボックスに置いて化粧の時に眺める鏡なのですが、ある時にどうもおかしい鏡がなんとなく曇っている、毎日覗いているに最近はなんとなく白いモヤモヤが出てくるので鏡の手入れでも悪いのかと思い磨くのですがその曇りが取れない・・・!

偶然なのかどうかは分かりませんが、筆者が心臓の手術で入院しているときだったので、なおさら気にかかったし、 不安に思っていた。

筆者が病院に入院中だったのでなおさら不安がつのり筆者に言った方がいいのか言わずにいたほうはいのか迷ったが、入院中の筆者には言わずにいたそうです。

そんな時に筆者の近くの飲みグル-プの一人が「胃」の手術で入院していたのですが手術は成功してまもなく退院となっていた。

話が前後してしまいややこしいくなっているので少し整理してみます。

飲み友達の手術は筆者が心臓の手術で入院する日にちが決まり2日後に入院となっていた時に手術成功で退院していた。

退院した飲み友達の自家用車を遠くに見た筆者は入院の2日前だった。

少し氣の早い飲み友達に会いにも行けずただ自分の入院の段取りと気持ちの整理の真っ最中だった。

筆者の入院2日前飲み友達が目立つ色の乗用車で買い物に行く乗用車を羨ましく眺めていたのです。

飲み友達は手術が成功して退院しているのに筆者はこれから入院でその手術も成功するのか失敗するのか不安のど真ん中にいた不安のてんこ盛りでいた。

自分は入院し病院で自分の手術の日の為に毎日検査けんさで隔離状態になり病院からは一歩も外にでることさえ出来ないで暗くなっていた。

どうにか自分の手術が予定通りに無事に済んでホットしながらも今度は退院に向けて「リハビリ」をするようなところまできたそんなある日、病院に来たに妻が変なことを言うのです。

毎日わたくしが使っている、置き鏡がなんとなく曇りふき取ってもその曇りが消えずその曇りの中に白い人のような物がウッスラト写って見える・・・・・という  ???

すこし不気味なのでその鏡にハンカチをかけてきた・・・・! と言うのです。

筆者の手術ごに異変など起こったらと・・? なにものかがウッスラト鏡に映る影を筆者の異変に結びつけて考えてしまい、入院中の筆者に言ったらいいのか言わずに置こうかと思ったり心の中でモヤモヤしていたんだそうです。

それでも筆者の退院の日にちも決まって安堵していた時に病院に来た妻が筆者に「鏡」の事を話してくれたのですが筆者は「フゥン-?」で聞いていました。

まさかの「坂」が起こった・?

筆者が退院する2日前の出来事は本当に「まさか」の坂が起こってしまったのです。

今迄不気味な「鏡」に写るえたいしれないものが写らなくなった。

病衣に来てくれた妻が・!言いにくいのですがと言って、今日の新聞のお悔やみ欄にあなたの飲み友達の〇〇さんが載っていた・? ヨッ・・・・? 絶句!

手術が成功し退院していた〇〇さんが急変し再度入院した事を退院してから回りの友人に聞いてまたもや驚いたんです。

鏡に飲み友達の〇〇さんが思いが写っていたとは思いたくないのです。

おわりに

妻は、どちらかと言えば霊感がよその人よりもあるのではと思われるのですがまさか鏡に何者か不明なものが写るとは、ましてそのタイミングが筆者の飲み友達が再度の入院で旅立ったその前に見え始め、そのモヤモヤが見えなくなったのも旅立ちの日時と重なるとは・? 思い過ごしの何もでもないのでしょが、今でもふしぎです。

それ以来我が家の鏡にはなんお異変も起こていません。