交通事故の処理で「弁護士」費用は!

自分から進んで交通事故など起こす人はいないと・・性善説・怪しい!

歩行者と自動車で歩行者にケガを負はせた様な時は、今の法律では、アタリヤ?飛び込みでもなければ一方的に自動車が責任を負うようになっているようです。

自動車損害賠償保障法(昭和30年)作られた法律で毎年少しずつ書き換えられていると思います最近では「煽り運転」なども加えられてきました。

交通事故でどっちが悪いか良いのかの判断は? どっちも加害者でどっちも被害者になることです、どっちがどのくらい悪いか・?  の判断は保険会社の事故処理担当者にお願いするのが一番いい方法ですが・・・!

それでも保険会社の事故処理担当者の采配になっとくが行かなければ・! 早い話が裁判と言う事になってしまう・・・!

確かなことは分かりませんが・・?

事故の当事者が今回に事故解決にどうしても納得がいかないと「ごねる」ようなことになれば保険会社が事故相手の保険会社と協議をして弁護士に相談に相談をしているときいたことがあります・・・また聞きですから・・?不安ですが・・!

起こった事故で一方的に「すごんで」くるような時などは保険会社の事故処理担当でも解決がつかない・本当は納得しないと交通事故処理が長引き、事故当事者の心の負担が増すばかりと思うのですが・・交通事故で「ごり押し」してくる事故の相手も結構あるのだそうです。

保険会社は関係ない! 

保険会社と関係ない、貴方が今回の事故をどう処理するのかなのだと・・・・!

こんな状態「解決」が出来ない・・保険会社も関係ないと一方的に事故の相手がまくしたてるようなときは「保険会社」もどうしようもない相談も出来ないことになる・・こうなると解決は、一方的に凄んでくるのに負けて、交通事故の損害額とは別に金銭の追加をしたと聞いたこともありますが・・?

交通事故の後始末が出来ないで保険会社も「さじ」を投げるよなこになったらどこに相談をして解決が出来るのは、途方くれてしまいます。

最近はいろんなところで相談はできますが・・どうでしょう交通事故の処理で公的機関に駆け込むのも・・保険会社も絡むことなので善良な方は公的な機関にはいきずらい人もいると思うのですが、考えすぎでしょうか・・?

自動車が任意保険に入っていれば「ご心配無用です!」

単独の弁護士費用保険も販売されているようですが、「普通の人でしたら」よほどのことが無ければ弁護士にお世話になることはまずないでしょう。

しかし車社会の今は自分の意思に関係なく「言い過ぎか」他人に多大の迷惑を、便利さと裏腹にあるのです。

人が動かす自動車です、ブレ-キとアクセルの踏み間違い・・?自分の考え・?「記憶」と違う動きで全く関係のない人にケガを負わせる、または物を壊すことだってあるのです。

そんな時に助けて戴けると思う「弁護士費用等補償特約」があるのです、自動車の任意保険に入っていれば、今の保険は特約の追加保険料は必要ないのです「弁護士費用等補償特約」自動車の任意保険に入って付いてくる「弁護士費用等補償特約」自分の自家用車の保険をもう一度確認してみたいものです、安心して栗真の運転が出来るようにです。

さいごに

おわりに、まとめると煽り運転で事故になる、警察に届けなくぃで事故の解決をしようとするととんでもない方向に話が飛んで行ってしまうこともあるようです、それは貴方負い目につこっで来る相手が保険に入っていないことを、いいことにとんでもない要求をしてくるときもあるそうです、いたましい愛車です、どんな時でも、どんな場合でも解決できるように、任意保険の確認しておきたい。

単独で弁護士にお願いしたときの費用は「相談料」1時間1万円となるようです、成功報酬は別に発生するようです。

「個人賠償保険」こんな補償もあるとは!

火災保険・自動車保険・賠償単独、などで保険をかけることが出来る簡単な名前の保険ですが以外に知られていないようです。

筆者の知っている範囲でこの保険は「単独」か「特約」かのいずれにしても保険を掛ける」ことが出来るようです。

自分には関係のない、ややこしいと言わないで読み進めてみて損はないと思います。

筆者の妻に起こった損害・?損害と聞くとなんとなく厳めしく聞こえるのですが簡単な話は、「すみません、弁償させて頂きます」と言う「実費」を保険会社が補ってあげますよ と! 言う保険の様です。

筆者の妻がいつも通っている ス-パ-マ-ケット にいつもの時間毎回ス-パ-に行く時間は凡そ決まっているようで道順も通いなれた道になっているのです。

いつも通る道の途中のあるお家でたまに「ワン」と吠える犬がいるのんだそうですがその日の「ワン」ちやんのご機嫌が悪かったのか。

[ワンちゃん] なにを勘違いしたのか! ワンちゃんのいるお家の前を通りかかった時に、突然鎖につながれたまま飛び出してきて、妻に噛みついてきたと言うのです、いつもと違う犬の走り方なので急いで通り過ぎようとした時に右足に噛みついてきたのです。

今時犬の「狂犬病」など無いと思うのですが万が一狂犬病などになってしまったらただ事ではない・・・・!

その時、妻は近くのかかりつけ医で、犬にかまれたこと伝えて検査をしてもらい「ホット」したのですが・・お医者に対する治療費は「健康保険」の支払い対象にならず自由診療の料金を払った。

他所の「飼い犬」にかまれて衣類はダメになってその上お医者の診察代迄払い何にも補償が無ければ・・・謝りや弁償が無ければ・・「訴訟」になる事だって考えられるのです・・?

一時期交通事故の「アタリヤ」が騒がれた時がありましたが、交通事故の場合はよほど無責任でなければ自動車の任意保険に入っていと思うし、事故処理には「警察署・消防署」等の公的機関が交通事故の照明をしてくれますが・・!「偽装事故」

そこまで大げさにしたくはないのですが・・・謝りも来ないとはどういうことかと憤慨していたところに、御犬様の飼い主と保険会社の関係の方思われる方が我が家に訪ねて来たのです・・・?

犬の飼い主が保険会社の代理店の方と「犬」が本当にわるさをしたのか第三者の形で被害者の確認と補償で来たのです。

すこしの慰謝料を持ってきて、治療費の支払いも当方で全てお支払いさせて頂きますとの事でした。

犬の飼い主は「まさか」こんなことになるとは申し訳ありませんでしたとあやまるので、示談に応ずることにした。

その時飼い主がこんなのとになったらどうしようもないので「賠償保険」を自動車保険にくっ付けてかけていました・・ここで言う話ではありませんがと、かしこまりながら、ぼそっと話していました。

今度は友人が困ってしまったが「個人賠償」保険で助けられた話です。

子供の火遊び・・・!!

筆者の知り合いの長男、小学校3年生男の子が、小学校6年生の先輩たち6人で、今は使わなくなった大きな酒蔵に入って火遊びをした、知り合いの子供はただ見ていた・・?加わったかは少学校の子供の父親も不確かなまま、事態がとんでもない方向になってしまったのです。

使わなくなった「酒蔵」が火災を起こしたのです、筆者もその日は風が強くて火事などの心配はしていましたが、遠くで消防署のサイレンの音、風下だったので聞こえていた、まさかあのサイレンの音が、知り合いの子供も一緒にいた、火遊びだった事など思ってもみなかった・・対岸の火事だと・・・・?

後日知り合いの主人と全く別の用事で話す機会があった時「実は」・?こんなことがあったよと話してくれたのが、先日起こった火事のだった!!

先日の酒蔵の火災は、家の子供も一緒になって火遊びをして起こした火事だったんだというのです・・・・・!!!

「エッ!」何事と話を聞いて行くとあの火災は家の子供も一緒になって遊んだ火遊びで起った火事なんだよと言う事なのです。

当たり前に「警察」に呼び出されて厳重注意をされた、それまで空き蔵だった「「酒蔵」の元主から呼び出されて、厳重に言われたことは、その辺であるような簡単なお見舞いで済ます気でいないでしょね!

子供の親同志が相談したところでなんの知恵も出ないでモヤモヤしていたところに「酒蔵」の持ち主から、焼けた「酒蔵」の残存物の処理代と慰謝料合わせて、一人100万円を要求しますし弁護士にも頼んでいるとの事だった。

筆者の知り合いは、自動車保険にくっ付けて「賠償保険」に入っていたことを思いだして、入っていた自動車保険の会社に事の顛末を報告して個人的な賠償部分を払ってもらったと胸を撫でたといっていました。 コレハヨカッタ!

筆者の知り合いが自動車保険で支払いの難を免れたことを聞いた他の子供の何人かの親も保険に入っていたので同じように支払いの難を免れたよいっていたのです。

おわりに

自動車保険に付随して掛けられるサマザマな保険をもう一度見直してみても損はないでしょう最近は自転車保険も独立して入ることが出来るようですし、よその出来事と思わないで備えることも大切だと考えます。

子供の火遊びの弁償で保険に入っていなかった家庭では要求された金額を自前で払ったと聞きました。

この保険でいい所は、弁償の正しい査定が出来るし、揉めた場合の「弁護士費用・訴訟費用」も保険の中に含まれることです。

冷静な第三者の目は上気している当事者を冷静にしてくれる。筆者の場合でもつくずくと考えさせられました。

帆ごろ日頃の出来事t、ざわ全てがうまく保険で解決出切出来るとは思えませんが、自分の周りの再点検をしてみてはどうでしょうか。

罹災した事はありませんが・もしもが・自分に起こった時その時あなたはどうします・?

火災ときいただけで、またかと思う人がほとんどだと思うのですが、実際に火災の現場を見たことがある、又はその場にいよと言う方もあるでしょう・・・・?

私は、知り合いが火災に遭いその火災現場にかけつかた時ももありますが、その場を見てしまうと心臓は高鳴るし何日も頭からその光景がはなれなくなってしまうのです。

テレビでは何月何日に何番地の住宅が火災に遭いました・? 火災の原因は現在調査中ですとアナウンスはされます・・が・・!

人の不幸、大変な事はテレビ、新聞などで報道はされますが・・? どこかの新築されたお家が今日完成いたしましたと言うニュ-スは聞いた事がありません・・・?

自分の大好きな青森のお笑いタレント・・?? 「伊奈かっぺいさん」 のお笑いの公演の中で言うのには誰も聞くみみを持たないのだよ! と言う話をすことがあったのですが、爆笑のなかの話なのでウンウンとは聞いていはいました・・言われてみれば・○○員のボーナスは何月何日に支給されるそうで今回は○○ヶ月の支給になりそうです・・・!そんな話はどうでもいい話で聞きたくもないのですがなぜか聞こえてくる!

人の不幸話しはどうして聞きたくなるのでしょうか・・!

自分に関係のない話しになると、どうして聞きたくなるのか・・スタ― の結婚、離婚どうでもいいのですがなんとなく耳に残ってしまう。

それは今の自分に関係はないし、人の不幸は、なにもしてやれないのですが、自分んでなくてよかったと、興味だけで流されるからなのだろうか・・?

自分の不幸「災難」はどう解決するか?

他人事ではないことが・実際に自分の家だけに起こった出来事を想像して見るととんでもないことが後始末、事後処理がに起こってくるのです。

それは運悪く火災などに遭ってしまった時、交通事故等に遭ってしまったときのニュースは流されますが、先日起こった火災で罹災されたお家の方々は、先日の交通事故の被害者は今日は元気にしています・・!と言う報道はきいたことがないし他人の喜びは見たくないのかも・! 妬みかもしれません!

運が悪く大災害に遭われた方々にはお気の毒で何にも言えないのですが・・大災害の場合は公共機関が出来る限りの最大限の後始末応援とその後を手伝ってくれるのですが・・自分の家だけとか、隣と自分の家だけとかの災害になった時は出来事の報道はされますが・それだけで終わり。

なにが「言いたい」のか・・?

自分の家が実際に災害になってしまった時、その時は無我夢中で「消災」をするのでしょが?万が一 不運にも自分の家がなくなっていまった場合の時です。

他人の罹災報道にはその時だけ、大変だ「ネー」とはおもうのです次の瞬間はテレビの前でお茶を飲んでいる・・リラックスしていられます。

災難で家をなくすことは・・その日のその時から・行くところ寝るところはないのです・!野宿??または親戚の家に避難する、ニュースで見たときはその時だけですが、実際に遭遇していまったときはその時その時間からがたいへんなのです、もし吹雪の日にそんな目に遭ったどうしますか?

災害に遭われても、土地は流されませんし焼けますが消えることがない、でもその時間からユックリ休むところ椅子に腰を下ろすところもなくなるのです。

火災保険に入っているだろうから・・・?

今時の火災保険で火災だけ・・・保険料を安くしたいから余計なものいらな出来るだけ簡単にシンプルなもでいいからと火災保険を考えていませんかと言うのです。

火災とか災害に対して「保険」株式会社の保険か 共済保険かに入っていれば、損害に対して補償金は出されますが、復旧するまでは・・・一週間で元の状態に戻ることなど考えられないし復旧するまでの住まいをどうするのか・・!

なんでもかんでもすべて補償されますと言う保険であればいいのですが・今日からの住まいたった今から身の置ける場所もなくなるのが災害です。

災害でない場合は全て自分持ち・・保険でなんとかなるのは後の事、今すぐ今夜の寝床は何処にするか、再築をすぐにしてもらっても、最大6ヶ月は必要ではないでしょか?

その間、貴方の身体を休める、寝る、生活の場所は・?ホテル、旅館・・!それも半年は無理でしょう!

こんな時の為に加入していた「保険」が頼りにおなのですが・・・!

災害時の補償内容に臨時費用補償があるとおもうのですが・・保険会社、共済制度でも本体に付属してつけることが出来る「臨時費用」と言う特約があります、その制度は特約なので別に希望で本体保険につけるものなのですが、つけなくても保険はかけられます(今はどうか)

この火災保険の「臨時費用」の制度 特約が・・・生きてくるのです。

お家の再築が完成するまでの家賃、一軒家またはアパートを借りて自分の住まいが完成すまで過ごす生活の場所の費用などに使えるのです。

但し単体では入れない!

★ 火災保険では・特約に入っていれば保険本体損害の10%相当の補償がされます、が特約と       ありますから、特約部分の保険料は掛かります。

★ 共済制度では・共済金の20%が補償されますが本体共済に追加ですのでその部分の共済掛金は掛かるのです。

火災保険は全て同じではないはずですし、一軒一軒全て違うのですから、面白半分で、NETなどで調べて高いの安いだのといと疑わないで、実際の相談をするべきです!

隣のお家と貴方の御殿は、大きさも、作りも全く違うのです、火災保険の掛け金も当然違うのです、その辺を良く考えてみましょう!

おわりに

今時の保険であれ共済であれ、ひと昔前の保険でいいのだと言う方はそんなに多くはないと思うのですが、人ごとではないのです、「昔からけがと弁当は自分持ち」よその世界と思わず、自分の今の場所が保険の制度から見てどうなのかを・保険会社・共済制度に確かめてたらどうでしょうか!

保険料の掛け金のどこが安いかどこが高いなどではなく、今の自分は保険会社・共済制度から見てどうなのかを是非相談してほしいと思います。

保険会社・共済制度に加入されている方はどうか詳細に自分の家の災害補償についてジックリ聞かれてはどうでしょうか

 

 

令和3年・気になる地震保料の変更!

令和3年(2021)1月1日から地震保険が変る!

自分の住まいはどでしょか??

地震保険も地域による保険料の差がありました。

地震の危険度合いによって(場所)保険料が変るようです。
これは、民間の保険会社の場合です。
危険度の低い所と高い所では「17.900」の差が出てくるのです。

新型県民共済の某県の保険料の掛け金は、建物の構造は民間保険会社と同じように、2種類になっているようです。

それは木造と鉄筋コンクリ-トで掛け金に差が出ています。

燃えやすいか?燃えにくいか?の差でしょう!
某県民共済某の掛け金は!
地震保険料は一年間、1万円にたいして、木造は3円で、鉄筋コンクリ-ト作りは1.5円になっているようです。

地域だけでなく住まいの建築構造でも保管料の差が出てくるようです。
保険料の地域による分類は県単位で11地区になっていました。

1年間の掛け金で、100万円にたいしての保険料は、1番やすい所で 7.100.-で1番高い所は25.000.-になるようです。

次に保険料に差の出る建物の構造がありました・・!
建て物の構造は「イ構造」「ロ構造」の2種類があって、地震の揺れにどれだけ強いか弱いの違いがありで保険料の掛け金が変ってくるようです。

火災保険でも建物の構造で火災保険の掛け金が変っているの同じような考え方なのだと思った。

テレビのコマ-シャルで、事故の低い年齢層と事故比率の高い年齢層の自動車保険の保険料の掛け金に差があるよ! と宣伝されているのと似ています。

地震保険の改定はまさに「テレビコマ-シャル」そのもズバリ!

東日本大震災

東日本大震災で被害を被った方々に地震保険金の支払いは相当なものだったでしょう、素人でも想像が付く思うのですが・・その甚大な損害に対して保険会社が単独補償していたらどうなったのでしょう・・?

地震災害の保険金に対する各保険業界の支払いの波が、今で3回目になるその保険料の変更は保険金の支払い増の結果なのでしょうか・・?

今!「新型コロナで」経済が回らないと、テレビなどの報道で大騒ぎしていますが、東日本大震災、熊本大地震、他にも大雨による河川の氾濫被害や山の噴火、山の崩壊などの時は経済が回らないと言う報道がなかったように思うのは自分だ
けなのか・・?

そんなことを考えると小さい掛け金で補償してもらえる保険制度は何と素晴らしい制度どなのかと今更ながら考えさせられます。

地震保険・火災保険の保険料の掛け金は住んでいる地域と建物の構造でちがってくるので、こうですとはハッキリ言えないので凡その書き方をしています。

今貴女が住んでいる「自分所有」の建物と地域でさまざまに違ってくので下記の表記録は参考です。

100万円に対する掛け金「民間保険会社」

構造は 鉄筋コンクリ-ト造り で 構造は木造造り の建物

地域 イ構造保険料 ロ構造保険料
岩手県 秋田県 山形県 栃木県 群馬県
富山県 石川県 福井県 長野県 滋賀県
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県
7.400円 12.300円
福島県 8.700円 19.500円
北海道 青森県 新潟県 岐阜県 京都府
兵庫県 奈良県
7.400円 12.300円
愛媛県 11.800円 21.200円
大阪府 11.800円 21.200円
茨木県 17.700円 36.600円
徳島県  17.700円 41.800円
埼玉県 20.400円 36.600円
愛知県 三重県 和歌山県 11.800円 21.200円
千葉県 東京都 神奈川県 静岡県 27.500円 42.200円

 

共済制度の掛け金【1万円当たり】掛け金は下記の表を見て下さい。

年払い掛け金を出しています。

共済制度では危険グル-プを A B C の3っに分けているようです。

グル-プ 都道府県名 鉄筋コンクリ-ト 作り 木造等の作り
A 北海道 青森県 岩手県 秋田県
山形県 宮城県 福島県 群馬県 栃木県
石川県 鳥取県 岡山県 島根県 広島県
山口県 福岡県 佐賀県 大分県 長崎県
熊本県 鹿児島県 沖縄県
1.5円 3円
B 新潟県 茨木県 富山県 長野県
福井県 岐阜県 滋賀県 京都府 大阪府
兵庫県 香川県 愛媛県 宮崎県
2.1円 4.2円
C 埼玉県 千葉県 東京都 山梨県
神奈川県 静岡市 愛知県 三重県
奈良県 和歌山県 徳島県 高知県
3.9円 7.2円

上記のようになっていましたが、地震保険の特別の決まりが民間保険会社 共済制度にもあるようです、これは見逃さないようにしたいものです。

民間保険会社の地震保険の限度額は最高で5000万円で火災保険の半分50%が限度になっているよです。

共済制度では火災保険の限度額は4000万円で地震保険は建て物家財の合計で15%の補償が受けられる・? 最大で600万円なるのでしょか?

 

まとめ

地震保険は地震単独の加入は出来ないようです、これは民間の保険会社も共済制度でも同じです。

上記の表はあくまでも参考程度にして戴いて自分で地域の凡その目あすにしてください。

自分の家の現在の評価もありますので、火災保険、地震保険、の加入の確かな契約、掛け金などは「専門の販売代理店」でしっかりと確認するこです。

地震保険の最大の目的は、地震になり損害を受けた時に今住んでいる建物と同じように、元通りにするのではなく、侵害を受け、その損害が復旧するまでの生活資金だということが大前提になっているようです「地震保険保険法」

自分のことですジックリ、と人任せにしないでしっかりと確かめたいものです。


ほんとうに大丈夫ですか?「地震保険」

地震保険とは!

地震保険に入っていますか・・・・?
保険とは、ことが起こってからなんとかなるものではないのだと言う事は常識です、今ささらどうのこうのと言うこと自体が時代おくれなのだということです。

自動車保険が販売「任意保険」ですが出始めのころは自分が注意していれば保険など考える必要だどないのだと息がっていた頃とは時代が違っています。

販売当初は事故が起こってから大急ぎで保険の販売先に連絡をして保険加入をしてその時の損害を補償してもらった・・と ・・?  良くきいた話です・・・?

そんな噂話は今では通用するはずがありません・・・当然です。

自動車であれ、火災でも傷害でも事故が起こってから・・ サー 保険で何とかしようと考えている人はいないと思いますが・今では「浦島太郎」のお伽噺にのもならないのです。

火災保険に入っているから・・・・?
わが家は、新築・改築したときに銀行の融資を受けたので地震保険も入っていたはずだから何の心配はいらない・・! 何かことが起これば「銀行」が何とかしてくれる・!!  果たしでどうでしょか?

融資をしているところは、お金を貸して作った財産が損害を受けた時に、貸した融資先に、先に保険金が入るようにしているので、運悪く損害になり保険金が出てもあなたの懐にはには入っては来ません!

地震被害復旧の考え方!

地震で壊された、壊れた建物とそれ以外の財産は貯えで何とかなるのであればそれ以外の考え方はないのですが・・・!

今持っている自分の財産「建物・家財」はなにかことが起こった時の復旧の為の備えがない時は、その時は被害を被ったままでいいのだとすればそれ以外の考えもない・・!

貯えも大変だし、壊れたままでいるのも大変だし「カッコウ」が悪い・・・?

ジャ- どうしましょうか・・?
加入者同士の互助会、少ない費用で、今持っている財産の復旧費用の一部でも助けてもらう「保険」に入るのが一番無難な処でしょう。

そこで地震保険とは・・?  

話が少しそれますが・!!

自動車の車検時に「保険料」を払っていませんか・?

政府管掌の自動車保険「自動車損害賠償責任保険」・・? 通称「自賠責」と言っているようですが、自動車で公道を走る場合は必ず加入しなければならない強制保険になっています。

国が、自動車事故で身体にケガ 死亡 後遺障害 等を被った時にその被害者が困らないように、またケガを負わせた人も困らいように補償が出来るようにと政府が決めた保険なのです。

但しその保険は自動車を運転していた人「加害者」にはなんの補償もないのですそこで出てきたのが自動車の任意保険で、加入は自由です。

そこで、任意の火災保険と地震保険を考えて見ると、地震災害は、とんでもない大災害になるので民間の保険会社では保障が不可能になる事もある・・ここに政府が加わり国が陰で補償するようにしたのです。

保険の加入は保険会社が行い災害の時は保険会社が損害の査定をするのですが、政府管掌なので、災害査定を適当にするなどゼッタにあってはならないのです。

地震保険はそれほど災害が大きくなるので、任意の火災保険が入りぐちになり、地震保険の後ろには政府が関与するこになる。

民間の保険会社独自では地震保険は作れない保証できない、それだから「重要」なのです。

健康保険、年金保険、失業保険、労災保険、等といっしょにはならないのですが政府が関与しなければならないほど重要なのだと思います。

地震保険の保険料は・・?

地震保険の保険料は・・販売を任されているのは民間ですが、保険料の安売り販売競争などないのです。
あの会社は安かった・?イヤ こっちの会社の方は高かったなどは無いのですからどこの保険会社で加入しようが保険料は同じです。

保険料の違いは地域差です!
保険料の掛け金の違いがあるのは「建物」の構造と目的が置かれている地域別で保険料の高い安いはありますが基本は何処でも同じなのです。

任意の保険にくっ付けて入る地震保険ですが政府が関与していることは不安も少なくなりませんか?

地震で受けた損害補償にも、基準が定めれれているのです。

地震保険の損害の認定基準

★ 全損➡建物の時価の50%以上の損害の損害
★ 大半損➡建物の時価の40%以上50%未満の損害
★ 少半損➡建物の20%以上40%未満の損害
★ 一部損➡建物の時価の3%以上20%未満の損害

どうでしょうか・・?地震保険をもっと真剣に考えてみる必要があると思うのですが!
但し、地震保険金で今迄と同じ建物財産は賄える事は「絶対にない」?

おわりに

地域による保険料のさ建物の構造で保険料が違うこと。
保険料の掛け金の地域別がどこなのか・・?
地震保険でどこまで補償されるのか・?
共済制度と保険会社の掛け金など?
別のペ-ジで書いて見たいと思います。